FC2ブログ







01/23のツイートまとめ 

okaikki

そもそも、非業の死を遂げたヒトの人生について、深く掘り下げ、その精神というか、魂に迫る、なんていうのは、報道じゃなくて、文学の範疇だと思うんです。
01-23 23:57

「貧乏人は麦を食え」から「日本は天皇中心の神の国」とか「死にやすくするべき」に至るまで、お手本がたくさんあったからなあ……>RT
01-23 23:48

古舘「ご遺族は実名を伏せての報道を希望しましたが、私共は事件の重大さ、また、亡くなった方の名誉のため実名で報道させていただきます」≒テロリスト「人質の皆様は生き延びる事を希望しましたが、私共は反政府活動の重大さ、また、神に捧げる戦いの名誉のため、殺害させていただきました」
01-23 23:42

タブロイドの癖にクオリティ・ペーパーの振りをしている羽織ゴロばかりでござんす。>RT
01-23 23:35

それこそ『忠臣蔵』とか『白虎隊』とか、絵映画なら『武士道残酷物語』とか、鴎外の『阿部一族』なんて最たるもの。権力者が直接強要するんじゃなくて、ソレを道徳にしてしまうことで、周囲の眼や空気がそれを強要する。恐ろしいなあ。
01-23 23:28

君、君たらざれども、臣、臣たれ。徳川支配下の三百年の間、刷り込まれた人工道徳って、とんでもなく根深いわ。>RT
01-23 23:25

実名の是非とか、報道のあり方なんて大層なコトではない、もっと初歩的な、「ヒトから話を聞くときには、守るべきルールとマナーがあります」って小学生レベルの話だよな。 http://t.co/jhAJ8dZn
01-23 23:19

本人の実名や顔写真を使うとこれだけ批判があるんだったら、赤の他人の顔写真を使えばいいんじゃね? こないだやってたじゃん。 http://t.co/0Zf85N6M
01-23 23:13

自分の勝手な言い分や商売のために、亡くなったヒトをダシにする連中が、今まで、あんまり多すぎた。またか、と思ってしまうのも、仕方がないかなあ。 http://t.co/lihchSaE
01-23 23:05

.@su_damari さんの「ホロコーストでさえ彼らの一面でしかない」をお気に入りにしました。 http://t.co/xRmdlDGC
01-23 22:56

 

「プロットを○○する」の○○に、どんな言葉を使うのかで、そのヒトがどんなやり方をしているのか、微妙に想像できそうな感じが面白いなあ。「組む」「引く」ヒトは、アイデアプロセッサ使ってるのかしら、とか。「.. http://t.co/LyZSzzc0
01-23 22:48

.@suikageiju さんの「プロットを「どう」するか?」をお気に入りにしました。 http://t.co/HfF4AB5h
01-23 22:44

告発すべき陰謀に満ちた政府と企業、それを暴くのは正義のマスコミ、多少の犠牲は仕方がない、いやむしろ、真実を解き明かすための犠牲となってこそ、被害者も報われるはず、ああなんて崇高な使命なんでしょう! う.. http://t.co/2bJ9a9mX
01-23 22:41

コツコツと取材対象と信頼関係を築いた上で、真っ当な記事をまとめるような、まともな精神の持ち主は、記者会見でいきなり実名教えろみたいな事は言わないと思うなあ。 http://t.co/Olqk6e2U
01-23 22:30

山椒大夫から石童丸から、少女小説からRPGに至るまで、まあ大昔から日本の娯楽作品というものは、絶望や自己犠牲や大義や不運や貧乏のためにヒトが死んで、哀れ悲しと涙するというのが、まあ定番だもんねぇ。 http://t.co/5cbWTXUz
01-23 22:14

星新一先生の『涙の雨』というお話が、まさにそういうお話…… http://t.co/0TacmtI4
01-23 22:07

まあメディアスクラムに関しては、去年十一月のスピリッツ掲載の、佐々木倫子先生の『チャンネルはそのまま!』が、ものすごく上手に処理していたのが記憶に新しい。次の単行本に入るのかな。 佐々木倫子 『チャンネルはそのまま!(5)』 http://t.co/FbJozfXu
01-23 21:54

.@nakamukae さんの「aphros67氏による「実名報道の意味と価値」」をお気に入りにしました。 http://t.co/OnZI8bnc
01-23 21:34

肉親家族が泣いて、落ち着いた頃に親友師弟に伝わって、その連中が充分に泣いて、そうじゃない俺らが知って驚くのは、一番最後の最後、それがスジってもんじゃないか。身内が気持ちの整理をつけるより前に知った所で、いったい何をどうしようというのか。
01-23 21:28

顔を突き合わせてシゴかれた弟子が、「死んだなんて嘘だ」と言うんなら、タダの客の俺らは「そうですか、なら良いのですが」で済ませりゃあいいじゃねえか。金を賭けてるわけでもあるまいし、なんでそんなに、コレが事実だ今すぐ知れと、急かされなきゃあなんないのか。
01-23 21:21

弟子筋の連中が、「そんなの聞いてない、あの師匠が、そんな簡単にくたばるワケが無ぇ」って言ってるのに、事情通気取りが、「いやコレは信用できる情報だ」だの何だの、耳の早さを自慢げに吹聴するってのは、どうにもいやらしい景色でな。なんか妙に心に残ってるのさ。
01-23 21:17

立川談志さんがお亡くなりになった時、第一報は新聞記者のツイートで、しかし、弟子筋のツイートでは「そんな話は聞いていない」というものが幾つもあり、だけど、「いや確かな筋だ」というマスコミ内部の人間の声もあって、結局、最後に肉親からの公式発表があった、そんな記憶があるんだが。
01-23 21:11

「親しい人」なら、焦って求めなくても、より親しい身内とかの方から伝えてくるんじゃないかしら。知らされないということは、知らなくても良いコトなんだと、どうして思えないのかしら。 >RT
01-23 21:08

『わたし食べるひと』も好きなんだよう。ツツイの『最高級有機質肥料』と一緒に読めばなおGOOD。
01-23 01:11

『冷蔵庫より愛をこめて』だったかしら。『ナポレオン狂』だったかしら。今考えると、阿刀田高先生の短編はずいぶんとアレなネタを扱っていたなあ。それを、小学生の頃からわけも分からずに夢中で読んでいたせいで俺は
01-23 01:11

@keiichisennsei 阿刀田高『夜の真珠貝』に、「中に射精された男の精液を固めて真珠を作る女陰を持った女」というネタがあります。
01-23 01:08

俺が妙に賢ぶって、面倒臭い事をダラダラとつぶやき始めるのを防ぐために、俺がフォローしている人たちは、もっとTLにおっぱい関連のつぶやきを増やすよう、努力していただきたいものである。
01-23 01:01

しかし、午前一時から二時あたりに、小難しいネタに引っかかると、ロクなことを考えないというのは、紛れも無い真実なのであった。寝るべきである。
01-23 00:54

そもそも事実も真実も求められてはいない
01-23 00:53

茶の間に寝転んでケツ掻きながら寝っ転がって、ボケラーとテレビ眺めて、それで何が解るわけもない。黙っていても毎朝放り込まれる紙の束に、真実があるなんて考えるほうが、どうかしているというものだ。
01-23 00:52

テレビじゃどんな凄惨な事件も、悲痛な事故も、それをアレコレしたり顔でコメントするのは料理評論家、所詮はAKBの新作アルバムの広告の前座、五分も経てば次はスポーツのコーナーです、というわけで。
01-23 00:49

しかし現状のマスコミ報道は、とても被害者の人物について迫るようなものではなく、実名や顔写真や遺族のコメントを必死で求めるのは、単に、既に作られたテンプレートに嵌めこむ為の材料として、でしかないように見えるのだよな。そこが問題なのだよな。
01-23 00:46

時々、駅の裏とか、公園の隅っことかで、うつろな目のオジサンがやっているように、誰もいない中空に向かってブツブツ言うのがツイッターなのであろうから、これでいいのだ。
01-23 00:22

誰に言ってるのかな俺。
01-23 00:20

あたしゃ難しいことはよく分かんないんですが、美術館とか展覧会とか大好きなのに、あんまり感想とかツイッターで見かけないので、チョトさびしいです。展覧会やるときは、公式ハッシュタグかなんかで、感想を共有できるようにしていただけると有難いです。
01-23 00:20

@keiichisennsei @navet7023 @MissioninLife この『巨大フジ隊員VSキングギドラ』、お正月に森美術館で観て来ました。三メートル×四メートルっていう大きな画面で、すごい迫力でした。
01-23 00:07

[ 2013/01/24 03:41 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okaikki.blog66.fc2.com/tb.php/748-20d1cdbe