FC2ブログ







10/27のツイートまとめ 

okaikki

『エクスペンタブルズ』、CM入るのヤだから観てなかったんだけど、どうやら声優が豪華だったみたい。勿体無いことしたかな?
10-27 22:33

エンディングが『マンマ・ミーア』なのがまた最高! OPじゃ「自分が見つからない」って歌ってたのに、色々あっても、やっぱり人生を楽しまずにはいられない。とっても素敵でした! Priscilla- mamma mia: http://t.co/Pou9JXTi @youtube
10-27 22:05

ベルナデットなんてもう完全に女性にしか見えないし、思考も完全に女性のソレ。しかし、フェリシアはまだ未熟。がんばって女の子になろうとしてるけど、いまいち芝居っぽくなってしまう。そんなところまでしっかりキャラ付け。すげえよくできてる。
10-27 21:53

そうだよなあ、オネエキャラになりたいんじゃなくて、女性になろうと努力してるんだもん、ソコを違えちゃいけないよなあ。
10-27 21:52

追記。コレは重要だと思うんだが、主役三人の俳優さんはもちろんノンケなんだが、ドラァグ・クイーンの演技が凄いのは、いわゆる「オネエ」じゃなくて、ちゃんと「女性」の仕草とか言動をしている、というところだよね。
10-27 21:49

三河にそんなお店あったっけ。
10-27 21:46

しかしこの映画、舞台を生で観たくなるのは当然である。本当に楽しそう。しかし、どちらかというと、この『プリシラ』のミュージカルが見たい、というより、実際にドラァグ・クイーンのステージを観たい、っていう感じだ。「マイクをお尻に突っ込むわよ!」とか言われたいのだ。
10-27 21:46

歌もいっぱいで、なるほどこれは、後にブロードウェイ・ミュージカルとしてもヒットするのも道理である。ただ、フェリシアがお化粧の時に頭に巻いてるヘアバンドが、よく見たらパンツだとか、そういう小ネタは映画ならではだろうなあ。
10-27 21:43

車内はアクセサリーや靴やドレスでいっぱい。宝石箱と衣装箪笥とおもちゃ箱を一緒にしたみたい。子供の頃みんな持ってた、宝物箱がそのまま大きくなったような。しかもそれがお家で、さらにはどこまでも連れて行ってくれる乗り物なのだ。全く夢のようじゃないか。
10-27 21:40

しかし一番のキャラは、やっぱりオンボロバスの「プリシラ号」であるなあ。日野製っぽいんだが。キラデコでピンクパープルに塗られて、広い砂漠を健気に渡っていく様子がなんとも素敵過ぎる。メンバーが屋根で長いリボンをなびかせながら歌うシーンでは、まるでバスがドヤ顔してるみたいだ。
10-27 21:36

 

最後まで謎のままといえば、ランニングで大陸横断に挑戦していたおばちゃんは、無事に辿りつけたのかしら。セリフが一つもないけど、なんか気になるモブであった。
10-27 21:33

しかしこのドラァグ・クイーン三人組のステージを食ってしまう、ピンポンダンサーの女の人がちょっとインパクト強すぎっていうか。何者だったんだろうか? 最後まで謎のままである。
10-27 21:31

砂漠を横断する間に、そんなふうに偏見に晒されてヒドイ目に会ったり、逆にキャンプに招かれて一緒に踊ったり歌ったり、いろんな出会いがあって、それもまた面白い。原住民の兄ちゃんの笑顔がまた可愛くてなあ。
10-27 21:29

ガイ・ピアースの演じる若くて筋肉モリモリのフェリシアちゃんが、常にハイテンションで、悩みなんか無いよって態度なんだけど、田舎の男どもにオカマ野郎と殴られて泣いたり、バスにエイズ野郎って落書きされたのを、塗りつぶしながら叫んだりする。本当は繊細なんだよね。一番好きなキャラ。
10-27 21:27

後から考えると、OPが『愛はかげろうのように』というのが、スゴい伏線だったのだ。 The adventures of Priscilla, Queen of the desert - I've n...: http://t.co/7WFuWM6D @youtube
10-27 21:06

エージェント・スミスじゃなかったミッチーが、久しく連絡を絶っていた家族に会いに行くというのが、この旅の発端なんだけど、家族を捨ててドラァグ・クイーンの生活を選んだ自分が、今さら会ってどうするんだと悩みながら、でも会いたくてたまらない様子が、また可愛らしいというか、愛おしくて。
10-27 20:59

しかしそんなベルナデットが旅に出た理由は、恋人が死んだ悲しみから逃れるためだったりするので、やっぱり弱い所もある。それが、なんだか女の性みたいな描き方なので、本当に性別を超えてるって感じ。
10-27 20:52

一番年上のゾッド将軍、じゃなかったベルナデットは、モノトーンを基調にしたマダムチックな女装がなんとも上品。手術を始めとして経験も豊富、色々とつらい体験もあって、「馬鹿にされて強くなるのよ」と語る。そのくせ、実はケンカも酒も一番強いって、素敵なママである。
10-27 20:48

つまり、エージェント・スミスと、エドワード八世と、ゾッド将軍が、ギランギランのラメのドレスと、身の丈ほどもある羽根を巻いて、ギットギトのメイクで歌い踊るのである。ABBAとかを。濃ゆいにも程があるわい。
10-27 20:42

今ちょっと気になって検索したら、この主役のドラァグ・クイーン三人組のあと二人って、『Vフォー・ヴァンデッタ』『英国王のスピーチ』のガイ・ピアースと、八十年代のスーパーマンシリースに出てたテレンス・スタンプだ。
10-27 20:39

BR『プリシラ』 http://t.co/K9VBqSJg 観終わった。ドラァグ・クイーン三人組がオーストラリア大陸の巨大な砂漠をおんぼろバス『プリシラ号』で横断するっていう。三人組の中心になる主役がエージェント・スミスなんだが。
10-27 20:33

[ 2012/10/28 03:43 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okaikki.blog66.fc2.com/tb.php/674-8de905d5