FC2ブログ







10/11のツイートまとめ 

okaikki

『まんが道 全10巻(藤子不二雄A)』 販売ページ http://t.co/GabaxqH1 @fukkan_comさんから 欲しい! けど……約二万は……ちょっと……『ハムサラダくん』だったら三万が五万でも迷わなかっただろうが……
10-11 23:35

自分は何の看板も背負いたくない。
10-11 23:29

「絵描き」とか「オタク」とか「日本人」とか「反原発」とか「オキナワ」とか、何のためにやっているか、自分は何者か、それを語るというのはつまり看板を背負うという事で、それでマイナスイメージを持たれるような真似をすれば、同じ看板を背負うもの皆に迷惑がかかる、というのは基礎の基礎。
10-11 23:28

『紅いコーリャン』TSUTAYAに無いウワアアアン
10-11 23:11

ノーベル文学賞:中国の作家、莫言氏に決まる http://t.co/gvdviTkD 『赤いコーリャン』の人なのか。莫言先生っていうとちょっと莫山先生っぽいね。微妙に顔も似てるかしら。
10-11 23:07

どうしてぇーッ? どうしてエレクチオンしないのォーッ! 殺してやるッ! #鳴かぬなら殺してしまえホトトギスを自分風に
10-11 23:00

鳴かぬなら ギャラは出ません ホトトギス #鳴かぬなら殺してしまえホトトギスを自分風に
10-11 22:59

旧約聖書によれば、人間が知恵を手に入れて、まずやったことは、神に見つかりたくないと、逃げ隠れしごまかすこと。二番目にしたことは、「あなたのよこした女が木の実を渡したのだ」と、責任転嫁。次にしたのは「私は蛇に騙されたんです」と、現実逃避。いったい知恵とは何だったのか。
10-11 22:56

自分が知っている事を知らない者を見下す、自分が分かる事を分からない者を馬鹿にする、そんな知性なら、無いほうがマシだ。
10-11 22:52

そのへんは今に始まったことじゃない、このシリーズではずっとそうだけど。しかし、ファーンフィールドの中だけが舞台のお話って、ディズニーになってから初めてかしら。最近、エジプトの遺跡とか月面とか宇宙ステーションとか、ちょっと遠出しすぎだったもんね。予算削減とかじゃないよね。
10-11 22:28

 

しかし、町外れのお化け屋敷にハロウィン・パーティー、仮想した子供たちが行き交う夜の道、骸骨やらカボチャやらで飾り立てられた住宅街、そんな風景を見てるだけでもウキウキする。映画っぽくないというか、コレはファーンフィールドが生活感にあふれてるおかげだろうなあ。
10-11 22:22

緑色の目の大きな黒い悪魔の犬って、やっぱり元ネタあるのかなあ。人間には思考の及ばない存在っぽさが、なんだか生々しくって。そもそも、犬のバディーズが人間の子供みたいに振る舞うシリーズだ。そこに、クージョみたいな、人間には手に負えない犬が出てくる。まさに世界が揺らぐ恐ろしさである。
10-11 22:14

悪役の魔法使いは、オープニングではけっこう怖かったのに、七十五年ぶりに現世に戻ってきたら、ハロウィンの仮装を本物に間違えたりして、三枚目っぷりを発揮してくれるのだけど、魔界の番犬ハロウィン・ハウンドは一瞬のためらいもなく、生き物を片っ端から石にしていくのが、スゲエ怖いのだった。
10-11 22:10

いつものメンバーが、犬も人間も皆、ハロウィン仕様でコスプレしてるだけでも可愛いのだが、怪しげなオカルト犬のゼルダとか、ネズミだのフクロウだのも出てきて、「ひょっとしてココはあの映画が元ネタなのかしら」というのがまた、色々と楽しい。
10-11 22:05

イケニエにされかけて、魂だけの存在になったビーグル犬の子供、ピップが、キャスパーみたいで可愛い。しかし、可愛いんだけど、せっかく犬の映画見てるのにCGはちょっと……って感じで、布をかぶってCG臭さを忘れさせる工夫は実にナイスアイデア。生身に戻れたときは本当に良かった。
10-11 21:59

復活した魔法使いと戦うのは、かつて愛犬をイケニエにされた爺さん。名前がジョセフ・ジョンソン……ってジョジョかよオイ! いや、でも、名前負けしてないぞ? 初対面は不気味な墓守のジジイなのが、実は……という、定番だが燃える展開である。石像にされた愛犬ピップを守ってたんだよなあ。
10-11 21:49

『ゴースト・バディーズ/小さな5匹の大冒険』 http://t.co/Uwc6ULxj 観終わった。相変わらず手堅い造りで、安心して楽しめる鉄板シリーズである。七十五年前、鏡の中に消えた邪悪な魔法使いと悪魔の犬が、再び魔界の扉を……ハロウィンストーリーのお手本みたいな内容である。
10-11 21:36

[ 2012/10/12 04:42 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okaikki.blog66.fc2.com/tb.php/660-d8133520