FC2ブログ







10/06のツイートまとめ 

okaikki

珍しい花びらにくちづけをした美少女が吸血鬼に http://t.co/iZrO3u09
10-06 22:40

.@tricken さんの「2007-2012までのソワカちゃん(&kihirohito)商業作品/同人作品/Webサイト情報をまとめてみた」をお気に入りにしました。 http://t.co/pLn0m6hz
10-06 22:18

観た後で、「うんうん、こういうのでいいんだよこういうので」って思わず呟いてしまう作品って、大好物ですよ。
10-06 22:16

色々と、低予算な感じがしないでもないけど、ソレも気にならないというか、小規模な背景とか世界観が、かえってプラスに働いているわけで。ネタがネタだけに、リアリティだの迫力なんて、あったら逆に、こういう絵本みたいな心地よさは、出るはずもないわけで。
10-06 22:14

まあお話はたあいないですけど。たあいないからいいのですこういうのは。エンディング、望遠鏡で月を眺める飼い主の坊やに、子犬がトコトコとおみやげの月の石を咥えてくるという……よく考えてみればブッ飛んだ状況なのに、それをほのぼので済ませるって、むしろ力業にも程があるというか。
10-06 21:58

ユーリとスプートニクの声が、バナナマンの二人だったとは、全然気が付かなかった。上手いというか、エキセントリックと地味キャラで違和感が無かったというか。とにかく良かったです。
10-06 21:54

フェレットのグラビティがまた頼りになるお姉さんで、大谷育江さんの声で、無線の向こうで不安にかられてる子犬たちに話しかけはじめた時はおおーってなりましたな。無線のあっちとこっちの信頼関係って良いですねえ。『ダイ・ハード』のアレみたいな。
10-06 21:51

CGなのか人形なのかガチで犬なのか、よくわかんなかったんだけど、月面を宇宙服の六匹の子犬がピョコピョコ歩く映像だけで、もう全てが報われたって気になります。無重力状態とか、宇宙遊泳も可愛かったんだけどね。
10-06 21:48

まあ、そんな説明不足もきにならないくらい、良いキャラであった。スプートニクは宇宙船の操縦もできるし。犬なのに! 初見なのに! マニュアルも読まずに、発明されたばかりのアイコンタクト式ゴーグル型コントローラーを、何の疑問も持たずに! すげえ。
10-06 21:45

「どんなことがあっても、俺がココに居ることは絶対に秘密だ!」なんて、連絡をつけた地球のスタッフに繰り返すあたり、なんかヤバい過去でもありそうな感じだったんだけど、地球に帰ったら大喜びしていた。そのへんはちょっとよくわかんない。スプートニクが宇宙に連れて行かれた理由も不明のまま。
10-06 21:43

 

宇宙放射線病か何かで脳でもやられてんのかというくらい、アッパー系の陽気なユーリ。レコードのカリンカで大喜びして、笑いながらぶっ倒れるまで踊ります。何年も宇宙ひとりぼっちでそんなことやってたのか。燃料を気前よく分けてくれるし、バディーズも大歓迎って、良い人なんだろうけど。
10-06 21:40

宇宙に隠遁というか引きこもってるロシア人の元宇宙飛行士というか現在は宇宙ホームレスのユーリと、その相棒のブルテリアのスプートニクが今回のゲストなわけだけど、それがまた良いキャラであった。
10-06 21:37

しかしその一方で、ロシアの半ば廃墟になった宇宙ステーションがまた、煤と錆のウェザリングにモールドのスミ入れも完璧、太陽電池パネルやらモジュール骨組みが緩んでヘタレた演出も嬉しい、リアリズムな造形で、また楽しかったり。
10-06 21:34

でもないか。とりあえず、リアリズムは抑えた、アトラクションの宇宙船みたいな感じ。そもそも乗るのがデニムに星のアップリケのついた宇宙服を着たワンちゃんなのだ。むしろ馴染んでいるのだった。
10-06 21:30

宇宙船のデザインが一昔前のセンスというか、むしろ一周りしてカッコイイのかコレ。スペースシップワンとスペースシャトルと2001年のパンナムのアレとシービュー号とファントム・レイとファイヤフラッシュと、足したり引いたりしてまあなんかそんな感じ。
10-06 21:27

『スペース・バディーズ/小さな5匹の大冒険』 http://t.co/nYrlo5A7 観終わった。やっぱりこのシリーズは安心して見ていられるというか和むというか。宇宙で『蒼きドナウ』を流すとか、シャッター上げて横一列で行進とか、お約束ネタを丁寧に拾っていく律儀なつくり。
10-06 21:10

[ 2012/10/07 03:37 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okaikki.blog66.fc2.com/tb.php/656-1b4ec2a4