FC2ブログ







10/02のツイートまとめ 

okaikki

例えば、金持ちになったら妻に裏切られ、警官になれば容疑者の拷問をしなければならなくなり、兵隊になれば人を射殺してしまい……というように。「コイツはなんでこんな奴なんだろう?」→「実は過去にこんなことがありました」という繰り返しのストーリー構成。
10-02 23:55

ホームレスになったり金持ちになったり忙しい。男のいやらしさとか汚さとかを、身も蓋もなく描写する濃厚さ。しかしその全てに理由があるっていう、人生のままならなさがたまらない。
10-02 23:51

DVD『ペパーミント・キャンディー』 http://t.co/c4VE7LMI 観終わった。すげえ良かった。主人公が破滅するまでを、その人生の節目々々を、さかのぼって紐解いていく。獣じみた様子になったり、汚い大人になったり、人生に擦り切れていく生々しさに、見てる方も泣きそうに。
10-02 23:46

【回答】コンクリート・ロードはやめたほうがいいと思うぜ? ⇒ 【質問】 http://t.co/yqHu8hsi @kazushiku0617 #qanow
10-02 19:51

@MyoyoShinnyo 映画館で観ました『兜KABUTO』。まだ純真な子供だったので夢中になって見てたんですが、さすがにラストの帆船の帆走はおかしすぎると大爆笑してしまった記憶があります。
10-02 19:30

核兵器は『悪魔の兵器』というけれど、『天使の兵器』とかがもしあったら、それはそれで怖いと思うの。
10-02 01:33

おっぱい全裸シグルイといえば、山本貴嗣先生の『剣の国のアーニス』という漫画が…… http://t.co/Fddz46YK
10-02 01:20

とにかくそんな気分になっちゃったんだよ! そう感じちゃったものは仕方がないだろ! とよく分からない逆切れ。観終わって、すっごく面白かった! と思う一方で、こんな風に、なんかモニョモニョしたモノが残って、ムキーとなるのも、まさにギリアムなのだった。
10-02 01:14

厭世的で皮肉っぽいとキャラ描写やストーリー、埃っぽい画面、ガジェット感満載の世界設定とかは、まさにギリアム節なんだけど、あの独特の、なんだかベチャベチャした薬臭い感じは、ちょっと弱かったかなあ……って、自分で書いてて意味が分からない。
10-02 01:12

考えてみれば、フランス映画が元ネタのイギリス人監督が撮ったアメリカ映画って、もうこの時点でややこしいわ。
10-02 01:05

 

実は子供の頃から記憶に焼き付いていたあの光景は云々、というネタは、ひょっとしたら余計だったかも。でもそうすると、もっと普通のSFサスペンスになっちゃったかも。そもそも人類滅亡もウィリス死亡も避けられないということで、「運命」というのが大きな主題であるんだろうし。
10-02 01:05

それでも微妙にコマゴマしたところが分からなかったりするのは、英語の言い回しでポイントを覚えさせるみたいな、そんな技法のせいなのかな? 留守番電話とか、細菌テロのアイデアとか、原語ならもっと鍵になる単語が印象に残って、最後につながった時の快感が、はるかに大きかったかもしれない。
10-02 01:00

現在過去未来に行ったり来たりしながら、謎を解いていく一方で、何が記憶で妄想で現実なのか分からなくなってくるという、入り組んだ話なんだけど、それほど混乱しないのは、本当に脚本の練り込みがパないからなんだろうなあ。
10-02 00:56

未来のシーンが、どっかの工場みたいなギリアム・ワールドなのはいつものことなんだけど、現代のシーンも、やっぱり小汚い路地だの臭そうな廃墟だのいかがわしい安ホテルだの、どこか似た雰囲気。ちゃんと世界観がつながってるというが、裏表になってる感じが、説得力があるというかなんというか。
10-02 00:28

でもいちばん狂ってるのが、いちばん真面目そうだったあいつだったとはねえ、という。無精髭なんか一本もないツルツルの丸い顎に、キラキラしたちっちゃい目、それまでは影の薄い髪も薄いイカニモな脇役ヅラに見えてたのが、最後はめっちゃ怖くってなあ。
10-02 00:25

こういうのも著述トリックっていうのかなあ。詳しく語るとネタバレ必至。いつもだけど。ブラピのアッパー系の狂いっぷりと、ウィリスのダウナー系の狂いっぷりが素晴らしくってたまらん。くまさんのお布団で、赤ちゃんみたいに笑うウィリスが可愛いすぎるわ。
10-02 00:23

DVD『12モンキーズ』 http://t.co/4TL5JcVq 観終わった。『ジュテ』とだいぶっていうか全然ちがうねえやっぱり。見事なギリアムワールドである。雰囲気よりも謎解きがメインになって、抽象的だったヒロインが、物語の一番の主役になっている。
10-02 00:19

[ 2012/10/03 03:36 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okaikki.blog66.fc2.com/tb.php/652-0d271592