FC2ブログ







07/02のツイートまとめ 

okaikki

ニュースで言ってる「小沢グループ」とか「小沢氏に近い議員」とかいう言葉がよくわからん。なんで「小沢派」っていわないのかな。
07-02 23:31

いや、よそみしてるのに、でーぶいでーをながしっぱにするのは、でんきのむだづかいですね。いけませんいけません。
07-02 23:14

なるべくモノは持たないようにしたいんだけど、ミュージカルのDVDなら、BGVに流しっぱなしにしときゃあええんだから、買っちゃってもいいかなあ。
07-02 23:13

やっぱりね、こういう、悪い人が一人も出てこないお話ってのはいいよなあ。そんなお話ばっかりだったらいいのになあ。
07-02 23:09

コメディ要素っていうか、台詞回しも、歌詞に負けないくらい粋だけど、こりゃやっぱり翻訳と声優さんの腕であるかな。自分は素人なので、ソフィーの花婿のスカイが山口勝平、くらいしか分からなかったけど。吹き替えで観れば、ブロスナンがラジー賞とは思えないレベルである。
07-02 23:09

しかしなあ、やっぱりコレは、喪男独りで見るもんじゃねえよなあ。そりゃあ、観て良かったと心から思うのだけど、素敵な映画だけに一人寝の寂しさが募るのである。
07-02 23:01

DVDですらこんなに一体感があるのだから、そりゃあ劇団四季だって未だに公演しているわけである。マンマ・ミーア!作品紹介|劇団四季 http://t.co/TMTxec2n
07-02 22:59

もちろんABBAミュージックも矢継ぎ早に、喋ってるより歌ってる方が長いくらいで、『ダンシング・クイーン』のイントロが流れだした時は、それこそキターという気持ちに。自然に体が動き出すのと同調して、画面もどんどん盛り上がっていくのがたまらなく気持ち良くて。
07-02 22:58

目が離せないのは、なんといっても舞台が魅力的すぎるし。白い砂浜が、そのまま海の底の果てまで続いていて、それが光になって透けてるような、ギリシャの海の色。部屋の壁も同じ色、刷毛の跡の残る手作り感満点で、貝の粉のような白い石造りの怪談の上に建つ、小さな古いホテルである。
07-02 22:54

やっぱり主役はメリル・ストリープなんだよなあ。結婚を前にはしゃぐソフィが子供っぽくて。だけど、母親の青春に触れて大人になるという。子供のソフィが大人になることで、母親のドナも、お母さんからまた一段上の成熟した女性になるという、二段構えの構成。とんでもなく素敵である。
07-02 22:50

 

DVD『マンマ・ミーア!』 http://t.co/PHQJuB31 観終わった。ソフィ可愛いすなあ。しかしお母さんのドナの方がもっと可愛いんだよなあ。ロージー&ターニャも最高。派手な格好で、露骨なシモネタでケタケタ笑いながら、やたら可愛いの。おばさんなのに。
07-02 22:49

創作の神様というのは、ちゃんといるのだ。心得違いをすると、しっかりバチがあたるのだ。天網恢恢、疏而不失。
07-02 00:18

なんかね、カオスラウンジ宣言とか、そういう「言説」が無ければね、もっと表現者として自由に成長できてたんじゃないか。カオスラウンジなんてやったせいで、逆に足かせになってんじゃないか。そう思えて仕方が無い。思えば可哀想な話だ。
07-02 00:06

それなのに、ああそれなのに、一年前とほぼ同じ芸風て。あかんやろ! もっと作品に繁栄されてなきゃおかしいやろ! それでも表現者かい。増えたのは理屈だけかって。そりゃあ村上隆も「あーもうこいつ伸びしろねえなポイ」て捨てますがな。
07-02 00:04

しかも、感受性がウリのアーチストなんて生業で、曲がりなりにもカルチャー最前線の村上隆氏とか東浩紀氏とかに揉まれて、ネットでは大騒ぎ、何より東北震災や原発事故なんて、歴史上類を見ない事件に遭遇している。たった一年のうちに。
07-02 00:01

[ 2012/07/03 03:34 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okaikki.blog66.fc2.com/tb.php/573-f1f980c4