FC2ブログ







05/16のツイートまとめ 

okaikki

『エル・スール』も『ベルリン天使の詩』も『わらの犬』も『東京画』も『カビリアの夜』も『パリ・テキサス』も『ラスト・シューティスト』も『リリィ・シュシュのすべて』も、みんな廃盤なの? やだー! 世の中間違っとるよ!
05-16 22:39

ふと気づけばTSUTAYA予約リストが二百本に。そしてうち十本が……廃盤? 生産中止? うぇええええ?
05-16 22:36

鼻水がとまらん。頭もいたくなってきた。今日は早く寝よう。
05-16 22:33

実際のフランソワ・ヴィドックも、なんといってもあらゆる探偵小説のモデルにされただけあって、とんでもなく魅力的な人物だし、鏡の仮面のアルケミストも、コードギアスのゼロのゴシック版という感じで、大変に素晴らしいキャラである。一作で終わるのは惜しいよなあ。続編でないのかなあ。
05-16 22:31

だからこそ、もうちょっとなんとか上手く撮れなかったのかなあ、という残念感が、どうしても残っちゃう。ひょっとしたら、『薔薇の名前』や『スウィニー・トッド』や『アマデウス』みたいになったかな? みたいな感じ。いや、この映画の絵作りも個性的で、決して悪くはないんだけど。
05-16 22:24

お話は、確かに意外性があるのだけど、定番の意外性というか、まあ、そうだろうな、というか。いや、定番だけに、妙に勘ぐって先を推理したりしなければ、確実に楽しめる展開でもあるのです。引き込まれるし、世界観も登場人物も、みんな魅力的だし。
05-16 22:21

なんか特別なビデオを使った撮影らしく、色味もちょっと変わった感じ。処によっては実に素晴らしい効果を上げてるんだけど、時々CG臭くなったりして、舞台設定からすると逆効果? 劇場公開映画とは思えないような、アップばっかりの構図も、なんかチャチに見えるし。
05-16 22:20

しかし、せっかく、パリの裏町や怪しいお店や、ガラス工房や、錬金術師の実験室や、ゴシックでハードボイルドな探偵事務所の様子とか、ヴィジュアルデザインがスゴいのに、カメラが暴れてじっくり観せてくれないのが困る。シーンによっては何やってるかわかんないくらい暴れるんだもん。酷いよ。
05-16 22:17

レンタルしてたDVD『ヴィドック』 http://t.co/z9y4pCho 観終わった。フランス革命前夜の退廃的なパリの裏の顔。オカルト犯罪を追い、死んだ伝説の探偵、その謎を解き明かすために若い作家が……という設定、もうこれだけでよだれが出てくるのですけれど。
05-16 22:14

 
[ 2012/05/17 03:29 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okaikki.blog66.fc2.com/tb.php/540-933f1a20