FC2ブログ







04/23のツイートまとめ 

okaikki

where's papa going with that ax? - Google 検索 http://t.co/UZJedAD8 『シャーロットのおくりもの』原作の翻訳に挑戦してる人、けっこういるのなあ。訳さないまでも、拾い読みくらいしてみようかしら。
04-23 23:36

これが自分なのだ、と、高く掲げる言葉を、一体どれほどの人間が持っているだろうか。そのあたりのことを考え始めると、農場主のおっさんが、金文字で書く看板が、一貫して『俺の農場の有名な豚』であるというのが、また滑稽というか、皮肉が効いているというか。
04-23 23:22

『特別な存在』と、自分は他人とは違うのだ、特別な価値があるのだというのが第一歩、他者との比較を離れ、自分自身で『輝く』ことが次、そして、最後は『慎ましく』あれと。だんだん思慮深く、成長していく精神のあり方というか。
04-23 23:19

この物語の中で、特に重要なのはやはり、シャーロットがウィルバーに贈る言葉なのだろう。それが、『SOME PIG 特別な存在』から、『RADIANT』輝かしく晴れやか、『HUMBLE』謙虚で慎ましく……と変わっていく、これこそが勘所というやつなのだ。
04-23 23:15

原題『Charlotte's Web』Webはもちろんクモの巣だけど、家とか、つながりとかいうニュアンスもあって、シャルロットが、新入りの仔豚ウィルバーや、居候のネズミのテンプルトンとともに、納屋の住人として認められ、その中心となっていく、その意味も含んでるのだろうなあ。
04-23 23:06

絵本には女の子の絵があるから、ファーンは元からいるのか。
04-23 23:06

昨日見たDVD『シャーロットのおくりもの』 http://t.co/afa0twvo ちょっと思いついたことをメモしとこ。原作はどうなってんのかな、と。人間の視点の描写はあるんだろうか? そもそも、ダコダちゃんのやってた役、テーマの上では必要なさそうだもんなあ。
04-23 22:56

ところで、『バクマン』の最終回を読んで、血の涙を流してる漫画家さんって、何人くらいいるのかしら。
04-23 22:53

つうか、どんな旅であれ、心境を変える事ができれば、それで充分だよなあ。逆に、地球を何周しようとも、日常の意識を引きずっているうちは、家にいるのと同じだわね。
04-23 22:48

基本的に、第一の目的が、「まだやったことのない、船旅というものをしてみたい」であり、第二の目的は「お家にいると何時まで経っても小説とか書かないから、遊べない環境をつくろう」である。ダラダラした旅行にするべきなのである。
04-23 22:46

 

宮城県美術館や青葉城跡や、杜王町聖地巡りというのも良さ気であるし、何より『地底の森ミュージアム』にはたまらなく心惹かれるのだが、人の多い街を歩くのは、一人旅では寂しさばかりが募るのだ。仙台市内観光は、石ノ森美術館が再開してからにしよう。
04-23 22:43

フェリーで仙台まで行って、海産物を食い漁りつつ、松島に渡ったり、夜中は書く書くと言ってぜんぜん手ェつけてない小説書いたりして、塩釜二泊、船中二泊くらい。総額で五万ちょっとくらいでいけそうである。
04-23 22:36

せっかくだから、船に乗ってみようかと思案中。太平洋フェリー、部屋を取らなきゃ一万円かからずに仙台まで行けるのな……
04-23 22:31

五月の一日二日、有給が取れそうな塩梅。九連休。しかし何をしようかしら。ダラダラしてるとあっという間に終わる。
04-23 22:28

[ 2012/04/24 03:29 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okaikki.blog66.fc2.com/tb.php/523-76fe496c