FC2ブログ







09/25のツイートまとめ 

okaikki

今日やったことはもうひとつ。フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』読み終わった。途中何度も寝ちゃって、まともに飲み込めてない感じだけど。ストーリーよりも、バブリーっつうかスノッブっつうか、なんとなくクリスタルっていうか、そんな気だるい人間や情景の描写がメインなのかな。
09-25 20:33

しかしそれにしては、レースの他の参加車とかは空気だし、悪者の車はドカンと事故らせるし。別に細々した設定やつじつま合わせなんていらないけど、トゥーンの要素が薄くなって、ドラマ方向に振った分、細かい事が気にかかるようになっちゃった感じ。ウィーリーの嘘もちょっと酷いや。
09-25 20:30

『ラブバッグ/モンテカルロ大爆走』観終わった。悪くないけど、やっぱり一作目が一番面白かったかなあ。ランチアのジゼルが可愛い。二作目から、心を持ってる自動車はハービーだけじゃない、というか、他の車もハービーに会うと同じように動き始めるから、本当はみんな生きてるという設定なのか?
09-25 20:27

贅沢は言わない、毎日おっぱいが揉める程度の生活がしたい。
09-25 15:37

壁に這わせてたLANケーブルひっペがした。あとレンタルしてたDVDを見れば、今日はまあ、何もしなかった、ということにはなるまい。
09-25 15:35

出た当時のロートレックとかどうだったんかなあ。制作当時がカラッポでも、器として見事ならば、やがて年を経て、時代の空気が内的精神的なモノとして盛られ詰められ、芸術として鑑賞に耐えうるようにもなりましょうけれど。 http://t.co/TFxeGGmp
09-25 15:31

昔モヤモヤしてた記憶はあったけど、ちゃんとまとめられて『ヒロ・ヤマガタ問題』って名前までついてたとは。ああいうのは芸術でもアートでもなくて、何か新しい別のジャンルとして設定されるべきじゃないかなあ。エウリアン商材とか。 http://t.co/TFxeGGmp
09-25 15:29

「色々な行動や思考が圧殺され、『それが普通だから』『常識だから』『あたりまえだから』『皆がそうだから』『今までこうしてきたから』『それはダサいから』なんてセリフで正当化されているのは紛れも無い事実」ってゆう、アイロニ.. http://t.co/X1nVoaFb
09-25 14:53

他所の国の良い所だけ見て、それを真似するのは日本の伝統。古くは唐の文化や社会制度を入れつつ、科挙は採らなかったとか、最近ではアメリカ式資本主義の云々とか……結果、日本はまるで他国のいろんな部分を寄せ集めた、カリカチュ.. http://t.co/7bdTK1UK
09-25 14:43

「ジークハイル! 自然エネルギー、ドイツは素晴らしい」論は本当か? http://t.co/7bdTK1UK 先の二つのリンクはこちらのまとめより。まあ、福祉先進国の北欧では障害者の断種が行われてたとか、色々ありますよね。
09-25 14:39

 

善行するとモラルが緩むことについて(カナダの研究結果) - Yahoo!ブログ http://t.co/jsAblzvu 善行がモラルを緩めるというより、当人や社会が、個人的なモラルを破壊する道具として正義が利用される、という気がする。
09-25 14:37

放射線リスクの真実 ~ジャンクサイエンスに惑わされないために - 食の安全情報blog (id:ohira-y / @ohira_y) http://t.co/uOkv9MgD 引用されてる文章だけでもずいぶん重い言葉だな。中央公論九月号か。図書館で読めるかしら?
09-25 14:34

しかし京都日帰り旅行にPCパーツ購入、確実に五万はかかっておる。つまり、このレベルの充実した生活を今後も続けようと思ったら、週に五万くらいは余裕の出る経済環境にしなければならない。リア充というのは金がかかるのう。
09-25 14:24

昼に起きた。さて何をしようかな……ダラダラPCに向かうのが習慣になってたんだが、二日も続けて色々と充実していたもんだから「そういうのモッタイナイ」って思っちゃう。これが……これがリア充への第一歩かッ!
09-25 14:22

カップ焼きそばの麺の「俺は小麦粉だッ! ほら甘いだろ。ほら麦臭いだろ。ほら粘るだろ」っていう自己主張の強さって一体なんなの。
09-25 00:47

腹へってきたので蕎麦の話はまたあした。
09-25 00:44

「キュア孔子!」「キュア老子!」「キュア荘子!」「キュア孟子!」「キュア墨子!」「キュア荀子!」……諸子百キュア。 #頭にキュアをつけるとプリキュアになる
09-25 00:43

♪ ニュートリノ海 ニュートリノ大空 ニュートリノ大地 ゆこう無限の地平線 ♪ http://t.co/U0twxmZd #光をニュートリノに変える
09-25 00:40

それを透かして、細くて白い麺がゆるゆると巡っている、泉の底の白砂に、さざなみに刻まれた紋のごとし、涼しげな塩梅だ。だけどふうわりとその表を覆った靄のような湯気はぬくとうてな、綿のように顎から頬へと、俺の顔をまいて上るのさ。
09-25 00:34

そうこうしているうちにね、にしんそばが出てくる。汁物を器に入れるのを、よそうとか、つぐとか言うけれど、張るなんて言い方もするね。確かにコレは張ると言うな。澄んだ黄金色の汁がね、滑らかな事、真ん中が持ち上がって反り返ってるみたいに光っててな。
09-25 00:30

ちびちび茶をすすりながら、戸口の方をぼんやり見てたら、アレコレと飯食う場所に迷って、疲れ果てた家族連れなんぞが、路地の坂を転げるみたいに入ってくる。気取らねぇ店の雰囲気に、ホッとして、旅の疲れと気張りがスゥと抜けて、楽になるのが、目に見えて分かるよ。俺もこうだったんだなあって。
09-25 00:20

三河じゃなかなか見かけない、にしんそばってのを、まあ、入る前から決めてたのさ。オバサンがにしんそば一つと呼べばねぇ、カラッと通るあるじの返事が、厨房から、打てば響くってもんだよ、気持ちいいね、これが小さい店のいいところだ。
09-25 00:16

店がまた狭めぇんだ、タテもヨコも電車の半分も無ぇ。イス席一列に、座敷席はちゃぶ台みたいなのが二つ。紺絣の小さな座布団がいじらしい。何、充分だ。蕎麦屋なんてね、長居するところじゃ無ぇ。伸びちまうだろうが。
09-25 00:13

こりゃあもう、蕎麦屋以外の何物でもねえって様子に、身をかくすような細い路地、ととっと下った勢いそのままに、細木のさんを張ったガラス戸をくぐれば、糊の効いた暖簾が頭をツルリと撫でてね、もうその気にさせやがる。
09-25 00:00

[ 2011/09/26 00:00 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okaikki.blog66.fc2.com/tb.php/341-d258f5ae