FC2ブログ







03/11のツイートまとめ 

okaikki

RT @sugoi_hi: 衣装の資料探してて「こんな感じの衣装やパーツの名称ってなんだろう…」って時に死ぬほど有用なサイト https://t.co/dEsWTjuxN0 https://t.co/lT3SPblZzw
03-11 05:33

「俺にはこう見えたんだからこう描く」が、最初は光の按配と色だけの話だったのに、それがいつしか、描く者の感情や思想で見え方が変わ.. https://t.co/nXs5gcOj5C「印象派は「バカでもわかる芸術」?時代背景や裏話を解説するマンガ「5分でわかれ..」https://t.co/UhDc8S8HJJ にコメントしました。
03-11 05:02

それまで、薔薇は紅、葉っぱは緑だったのが、「俺にはこう見えたんだからこう描く」と、紫や黄色や橙色を斑にぶち込んでオッケーになっ.. https://t.co/AW3JBtGKnU「印象派は「バカでもわかる芸術」?時代背景や裏話を解説するマンガ「5分でわかれ..」https://t.co/UhDc8S8HJJ にコメントしました。
03-11 04:52

「小金持ちが部屋に飾るのにちょうどいい絵」というのであれば、十七世紀オランダとかスペインバロックとかフランスロココとか、あのへ.. https://t.co/bJuNgFepOV「印象派は「バカでもわかる芸術」?時代背景や裏話を解説するマンガ「5分でわかれ..」https://t.co/UhDc8S8HJJ にコメントしました。
03-11 04:48

@laboratorymembe @tatekawaunsui 元高級官僚をうっかり女房にしてしまったら、日常会話までお役所言葉で何言ってるかさっぱりわかんねえ、なんて『垂乳根』の改作も面白そう……素人の自分でもそんな風に思うんだけど、政治の話題に噛んでくる芸人は、みんな芸がどっか行っちゃうのはどうしてかしら。
03-11 04:20

@laboratorymembe @tatekawaunsui 落語には、『平林』『泣き塩』『三人無筆』『無筆の手紙』『按七』等々、文字の読める読めないをネタにした噺も色々。ここはひとつ、『無筆の大臣』なんて新作でも捻ってみれば面白かろうと思うのだけど、芸より政治なのでしょうか。
03-11 04:15

RT @laboratorymembe: @gamblerj1 @tatekawaunsui まさに。キャスターや弁護士であればともかく、江戸時代から明治大正昭和平成と、古典から現代までの言葉・言い回しを一生をかけて広く学ぶはずの噺家の方が、しかも左三蓋松の紋の羽織を許された名…
03-11 03:47

RT @laboratorymembe: @tatekawaunsui 『それと下野から往った渋江氏との関係の有無(ゆうむ)は、なお講窮すべきである』「渋江抽斎」森鴎外より「自分が知らない言葉の使い方を他者がしたとき、確認することすらせずにもの知らずと相手を嘲笑する」ことが…
03-11 03:47

RT @laboratorymembe: @tatekawaunsui 記事を拝見して一筆感想を失礼申し上げます。『されば小説家たらんとするものはまづおのれが天分の有無(ゆうむ)のみならず、またその身の境遇をも併せ省みねばならぬなり』「小説作法」永井荷風より引用言葉の専門…
03-11 03:47

RT @tatekawaunsui: 「文章の有無」を「ゆうむ」って発音してやんの。「未曾有=みぞうゆう」もこいつだったっけ?やっぱり「有る」ってのがきちんと言えないのね。
03-11 03:46

 

@tentama_go 自分が好きなのは、漱石の「叩かれて昼の蚊を吐く木魚哉」という俳句は、蜀山人の「叩かれて蚊を吐く昼の木魚かな」の盗作かどうか、というお話。
03-11 01:58

@tentama_go 「パクリであるかどうか」を問うことは、「オリジナリティとは何か」を問う事でもある。だから、絵を重ねたら線が一致したからパクリ、などと言う判定は、その点をずいぶん浅く考えていると思う。
03-11 01:52

RT @tentama_go: いい記事 写真著作権-「似ている」と「侵害」の距離 https://t.co/wlJxk06YXo 条件反射でパクリと言い出す前に、こういった記事を読んでくれる人が増えてくれると。日本だけでなしに米国の事例も紹介されてて、例に出してる写真のセンス…
03-11 01:45

[ 2018/03/12 04:08 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okaikki.blog66.fc2.com/tb.php/2253-2d9fc9bb