FC2ブログ







11/29のツイートまとめ 

okaikki

@geteco 今ちょっと検索してみたら、ジョン・クリストファーっていうSF作家が出てきたので、コレも元ネタの一つかもしれません。だとすると……彼の代表作は「宇宙人が地球を侵略する」っていうシリーズらしいので……MNU職員の歪んだユーモア、ということになりますね。
11-29 23:56

@geteco なるほど納得です。英語のクリストファーという名前の元は、「幼子キリストを担いで川を渡った」という伝説の聖者、クリストフォロスで、運送業や旅客業の守護聖人。となると、むしろ一緒にいたあの子がキリストの暗喩かもしれません。
11-29 23:47

LIKE LIFE LIVE LOVE LUCK #みんなが大好きな四文字
11-29 23:40

あ、あと最後に一つだけ。エンディングがホロリときました。なんといっても殺伐とした話だったので、なんか、救われたような気分になったなあ。タニアさんには幸せになってほしいです。おわり。
11-29 23:19

しかし一匹だけ人間と同じ感覚というのは、やっぱり何か説明が欲しいところである。やっぱ、宇宙人の世界でも、学歴とかあるのかしら。クリスは優秀なイイトコの坊ちゃんだったんだけど、不運が重なって、奴隷船の漕ぎ手にされてしまったのだ、とか。『ベン・ハー』かよ。
11-29 23:15

まあ、『遊星からの物体X』とかでも、あのクモ頭の怪物が、コツコツと宇宙船を作っていたりしたわけだから、人間からは知性がない動物のように見えても、実は高度な知性を持っているというのは、エイリアン描写の定番なのかもしれない。『ET』だって全裸だったしなあ。
11-29 23:11

それなのに、なぜか、主人公の相棒になるクリスだけはやたら知的で、それどころか、ガラクタで宇宙船飛ばしちゃうほどの能力があって、言葉も通じるどころか、コミュニケーション能力がやたら高いってのが、アレレって感じ。種族が違うってわけでもないようだし。
11-29 23:07

しかしエイリアンの描写がいまいち分らん。ほとんどが、知性もろくにない、カタコトをしゃべるのがやっとで、そのへんでゲロ吐いたり小便したり、生の肉や臓物や猫缶をむさぼり食い、いきなり襲いかかってきておまわりさんの腕を引きちぎるような、半動物みたいな扱いである。
11-29 23:06

まあ、傭兵団の白人隊長も、「俺は殺しがだぁい好きなんだぁあ!」ってシリアルキラーだし、白人の上司も、主人公は娘婿なのに、あっさり商品か実験台とみなす冷血漢で、ヒドい扱いなので、平等っちゃあ平等だよな。
11-29 22:56

「お前殺す。その腕切り落とす。俺、お前を食う。俺もエビ人間のミラクルなパワーもらう」とか、ギャング団の酋長が、まるっきり人喰い土人になってるのは、いくらなんでもヤバすぎる。
11-29 22:52

 
[ 2012/11/30 03:45 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/28のツイートまとめ 

okaikki

有限会社栄工業 - トップ http://t.co/clFC3UiR なぜ俺はネズミ駆除器のメーカーのサイトを三十分も見入っているのか。トラバサミかっけえなとか。社長のビジュアルが濃いとか。
11-28 22:24

 
[ 2012/11/29 03:48 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/26のツイートまとめ 

okaikki

.@su_damari さんの「「小学校で教えてることが(学問からみて)正しくない」のが前提なのが人文社会系」をお気に入りにしました。 http://t.co/YtlSlKg7
11-26 23:48

.@YSumitomo さんの「ネームについて個人的な方法論など」をお気に入りにしました。 http://t.co/hPQMp5wK
11-26 23:42

.@Under_the_Fool さんの「漫画のプロット作成についてあれこれ」をお気に入りにしました。 http://t.co/vI5E1kXx
11-26 23:42

.@kazi_hac さんの「皆川ゆか先生の「藤田和日郎先生に聞いた物語の作り方『欠如感と補完』」」をお気に入りにしました。 http://t.co/0jJvEj0s
11-26 23:26

寒いよう……
11-26 22:36

良い映画を観るのは楽しいのだが、ものによっては「誰かと一緒に観ればもっと幸せになれたのだろうなあ」なんて気分になるのが欠点である。
11-26 22:35

ホント、何が残念といって、こんな素敵な映画を、独りで観ちゃった事が、なによりも残念なのだった。
11-26 22:34

何と言っても、最後はもちろん、アメリゴが帰って来てハッピーエンドなんだろうな、なんて想像してたら、それをさらに上回る御目出度さの、素敵なハッピーエンドであったという、その後味の爽やかさが、もうたまらないのだった。
11-26 22:33

前作よりも、海辺とか山際とか、ちょっと世界が広がってたり、後悔とか罪悪感とか、出てくる感情も複雑になっていて、それがまた、単に続編だから規模が大きくなりました、じゃなくって、ウィンキーちゃんの成長にきちんと対応しているというのも、また凄いのだった。
11-26 22:30

行方不明のアメリゴが見つかるところとか、その後のオチのあたり、ちゃんと「アレが伏線だったのか!」って驚かせてくれる、ちょっとしたミステリの楽しみもあって、シナリオからして、実によく練りこまれてる。要らないシーンが無いから、内容が濃いのだ。
11-26 22:27

 
[ 2012/11/27 03:47 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/25のツイートまとめ 

okaikki

【オフ会後】フォロワー「okaikkiさんはすごく可愛い人でした。本当に惚れそうになるくらい可愛い。とにかく可愛いので、大好きになりました。」 http://t.co/bM5aJQrB すげえ! こんなに性格に事実を言い当てる診断は初めてだ!
11-25 23:59

okazaki-mazemen ページ! http://t.co/MwrlKaKN まぜめんの第一印象は、「焼きそばと焼きうどんの中間」だったなあ。麺の太さ硬さは全くそんな感じ。焼きそばはソース味、焼きうどんは醤油味、まぜめんは味噌味。焼きそばみたいに定着できるかしら。
11-25 23:00

『マッハ!』第一作の、あの衝撃とカタルシスは全くありませんけれど、観て損したとは思わない。そんな感じ。とはいえ、お話が途中でぶった切られているわけで、ソレさえなんとかなればなあ。『マッハ! 参』で、ちゃんと完結していることを期待しよう。
11-25 22:18

もちろん、娘たちの踊りの後、嫌そうなヒロインを側に侍らせてご満悦な悪の親玉、続いて舞台に上がったのは仮面の男、仮面の奥には怒りに燃える瞳、激しい舞踊にまぎれ、親玉のところへ一気に駆け寄って……なんていうお約束の展開も、きっちりやってくれて、その時点でもう大満足。
11-25 22:16

特に何の映画というのはないけれど、悪役の宴会の席、踊る美しい娘たち、その中でひときわ美しいヒロイン、ニヤニヤと見つめる悪代官、それに気付いて嫌そうなヒロイン、なんていう、昔の時代劇そのまんまなシーンをやってくれたので、それだけで俺はもう大喜びなのだった。
11-25 22:13

まあなんというか、トニーが拾われて修行する、山賊のアジトの村だって、どうみても『ラストサムライ』のあの村を熱帯雨林に移転しました、という感じだし……さらにチベットの山奥に移転すると『バットマンビギンズ』の「影の同盟」の隠れ里になるのかもしれない。
11-25 22:06

ホント、よく見ると、良いキャラはいっぱいいるのだった。白目のダイバダッタ(レインボーマンから出張)とか、「お前ブルース・リーの映画に出てたよね?」なサムライとか、「お前『300』にも出てたよね?」なターバンのアサシンとか……ていうか『300』から出張してきてるヤツ多いぞオイ!
11-25 21:59

なぜか死んでなくて、しかもさっき書いた、トニーの唯一の味方のゾウを自分に寝返らせて、最終的にトニーを倒す決定打を出すという、隠れラスボス的な活躍をするんだけど。いいキャラではあるんですよね。動きはカッコイイし、チラチラ見えるフトモモも、たくましやらしくって、大変に良い感じでした。
11-25 21:54

狼少女も別に子供じゃなくて、トニーをビビらせるくらいには強えぇんだけど、こう、ケモノじみた奇声をあげて、動物みたいに暴れる女の子というのは、もうコレ放送禁止だろオイ、という感じで、そんな女の子をアレするのはチョット、アレなんじゃないかな、なんて思いました。
11-25 21:51

大丈夫なのかな、と言えば、なんか「精神を鍛えるのじゃ」と言われて放り込まれた洞窟で、狼少女みたいな女の子と戦って殺す、なんていうシーンまであったりして。しかも「殺すのだったらためらうな」なんてことまで言われたりして。いいのか仏教国。
11-25 21:49

 
[ 2012/11/26 03:48 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/24のツイートまとめ 

okaikki

.@yaeda_factory さんの「「麻」とはどういう物で、どういう作用があるのか知らなければならない」をお気に入りにしました。 http://t.co/sMhwVekd
11-24 19:50

.@toshihiro36 さんの「茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第783回「批評性こそが、芸術の本質であること」をお気に入りにしました。 http://t.co/mvSjnXJn
11-24 19:50

.@Oslosoprano さんの「努力すれば夢は叶う?」をお気に入りにしました。 http://t.co/aiebwriD
11-24 19:49

.@ko_kishi さんの「daijapanさん連続Tweet:【そうである事と、そうであるかのように思う事】について」をお気に入りにしました。 http://t.co/xfE6Xi8a
11-24 19:49

.@uruoisan さんの「アニメ監督・神谷純氏、原作のあるものをアニメ化する場合について語る」をお気に入りにしました。 http://t.co/FiFS7dvx
11-24 19:48

.@sunkorori さんの「”変態仮面”が映画化!?謎の映画「HK」予告が話題に。」をお気に入りにしました。 http://t.co/70Qy1qjT
11-24 01:38

.@mototchen さんの「風船も検査もできないヘリウム不足がきた」をお気に入りにしました。 http://t.co/IuWdCg1K
11-24 01:37

痔瘻を爆発させた経験あります。地域いちばんの肛門科で手術してもらいました。「患者さんへの情報公開の一環として、手術の様子をビデオに撮って後で観ていただくこともできますが、どうなさいますか?」って聞かれ.. http://t.co/CfT04soL
11-24 01:34

.@kent164nakano さんの「僕の肛門周囲膿症記」をお気に入りにしました。 http://t.co/i49pYNFB
11-24 01:28

.@prof_butterfly さんの「アートコレクターになるということ」をお気に入りにしました。 http://t.co/7hdGIY2I
11-24 01:18

 
[ 2012/11/25 03:48 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/23のツイートまとめ 

okaikki

『愛は残業、残業は死』 #作品のタイトルの一部を残業に変えると悲しくなる
11-23 23:57

『絶対に笑ってはいけない残業24時』 #作品のタイトルの一部を残業に変えると悲しくなる
11-23 23:55

夜のテンションのせいにするのも卑怯、そもそもそれでイメージが変わるわけもなし。ただ、自分の書いた文章に「さっさと寝ろ」と責められるばかり。
11-23 23:49

日付の変わる空気は文章から落ち着きを奪う。
11-23 23:46

大きく膨らんだ古傷の中の血は、どす黒く腐りながら、時折うずき、思いもかけぬキッカケでドクッと脈打つ。意識しないように努めてはいるが、未だに当時のままに熱く、ジリジリと火照っている……封じられた血だまりが破れれば、たちまち全身に廻る致死の毒だ!
11-23 23:43

一昔前の厨二病患者なら、澁澤龍彦先生は基本で、あとは中田耕治先生とか、稲垣足穂先生とか、工作舎とかペヨトル工房とか、ひと通りアレしてて当然だよね? 球体関節人形なら四谷シモンにハンス・ヴェルメールだよね?
11-23 23:38

妖人奇人館/人肉嗜食魔たち/02 - Draconia wiki http://t.co/Gg1A7xPu 「男の体でも、二の腕の肉は若い娘の肉に近い」というのは、実はコレが元ネタなので、私が実際に試したわけじゃ……ホントだってば! 信じてよ! 僕は変態じゃない!
11-23 23:25

@PIKU2N 自分の体をネタに妄想するなら、ケツ肉よりも、二の腕の内側の肉とかが柔らかくて良いですよ。男の体のうちでも、かなり肌の肌理が細かい部分です。
11-23 23:08

クソッ! なんて時代だ! 子供の声がうるさいとクレームをつければ大炎上! 子供が大好きって告白すればポリス沙汰! どうしろっていうんだよ!
11-23 23:01

子供の声って俺は大好きですよ。小学校の隣に引っ越したいくらいですよ。むしろ幼稚園に住みたい。寝起きしたい。とかそういうと、たちどころに通報されるのも何と化して欲しい。
11-23 22:59

 
[ 2012/11/24 03:52 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/22のツイートまとめ 

okaikki

「いい子にしてればシンタクラースにお馬を貰える」って信じて、おうちの中華料理屋を一生懸命お手伝いするあたりはもうたまらない。
11-22 23:56

なんといっても主人公のウィンキーちゃんが可愛すぎる。まんまるの顔にすりむいたみたいなリンゴほっぺで、チョイ小太りで手足の太い、働き者の満州族な感じがたまらん。そのくせ、時にすんげえ深遠な面持ちをみせたり、大人な顔をしてみせたり、赤ん坊みたいに笑ったり、表情がクルクル変わる。
11-22 23:54

しかしやっぱり子供なので、戸惑ったり突拍子もない反応しちゃったりはするんだけど、優劣をつけたりコンプレックスを抱いたりはしない。新鮮な驚きにアレコレ迷いながらも、生き生きと挑戦していくあたり、すげえ良い感じである。
11-22 23:48

聖ニコラスを迎えるのに、その馬のために人参を靴に入れて暖炉のソバに置いておくとか。まるで皇帝の牛車を足止めするための盛り塩みたいである。そんな文化の違いにとまどうあたり、それもまたこの映画のテーマのひとつ。
11-22 23:46

オランダではサンタクロースじゃなくて、聖ニコラスが。ズワルト・ピートなんていう使い魔だか召使だかを連れて、蒸気船でスペインからやってきて、白い馬で子どもたちを訪ねて廻るとか。プレゼントを配るのは聖ニコラスの祝日十二月五日だとか。
11-22 23:44

DVD『ウィンキーの白い馬』 http://t.co/m7TxloZy 観終わった。意識してなかったけど、コレってちょうど今の季節の話なのね。クリスマスに家族で観るのに最高の一本! まあ、厳密にはサンタクロースじゃなくてシンタクラースなので、色々と違うんだけど。
11-22 23:35

 
[ 2012/11/23 03:49 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/21のツイートまとめ 

okaikki

企画書に、どれだけデカい数字が書かれてるか、いくつ見知った単語や名前が並んでいるか、それで作るか作らないかを決めているとしたら、そんな商品が評価されるわけがない。
11-21 23:59

原作に対する愛があるかどうか、原作のタイトルに惹かれて観る視聴者に対し誠実かどうか、ソコんトコだよね結局。
11-21 23:52

パパトールドミー NHKドラマ愛の詩 http://t.co/0dTDNUdr 未だ残る公式の掲示板ですら、焼け焦げた後があちこちにあるという……ソレ以外の場所では、そりゃあもう…… #これに比べたら剛力彩芽ごとき
11-21 23:37

撮ってる時も、そりゃあ楽しかったんだろうなあ。
11-21 23:19

ホントにねえ、MCハマーのビデオ観て、なんの脈絡もなく踊り出し、もう最初っからノリノリMAXハイテンション、とか、観てて楽しい場面「しか」ないのだよなあ。なんという気持ちの良い馬鹿だろうか。でも手抜きは一切無い。馬鹿であることに甘えない。「楽しさ」に対する誠実さは本物だ。
11-21 23:15

「最近よく見かける『BBA結婚してくれ』というアレは、つまりこういう気持ちの事を言うのかと実感した」というのは、『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』の感想として、妥当なのだろうか。
11-21 23:11

女子力ってどういう意味か、よく分らんけど。
11-21 22:48

並の女優であれば、あの歳であの肌であの衣装であのダンスなんて、ホラーにしかならねえところを、逆にこう、何かに目覚めさせられそうになる。コレでいいんだ、いやコレだからこそいいんだ! なんて気持ちになってくる。いったい彼女らの、特にキャメロン・ディアスの超弩級の女子力、どんだけだ。
11-21 22:47

問題は、女の子と言うには、そろそろアレだ、歳とか肌とか、アップがちょっと……というくらいで……いやいや! そんなの関係ねえ! 三人とも、ちゃんと女の子してるし、それがバッチリ可愛いからスゲエんだよなあ。
11-21 22:44

さすがラズベリー賞受賞作! ラジー賞って、ヒドい映画に贈られるというけれど、それは大変な誤解だ。強烈な独特の印象があって、バッチリ記憶に残る映画で、ネタにして楽しく盛り上がれる映画、観たことをゲラゲラ笑いながら話せる映画じゃないと、絶対に取れないもんね、あの賞。
11-21 22:38

 
[ 2012/11/22 03:43 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/20のツイートまとめ 

okaikki

そういうのを、どこで学べばいいのか、そこからもう分からない。
11-20 23:59

政治家に求めるべきモノと、求めてはならないモノを区別することすら難しい。
11-20 23:59

自分を始めとして、有権者としての自覚と責任感と能力が無い、そんな気がするんだが、そもそも有権者に求められる素養ってなんだろう。そこからもう分からない。
11-20 23:58

今度の選挙はもうグチャグチャでわけわからなくなりそうなので、靴屋のシューフィッターとかレストランのソムリエみたいに、「あなたにピッタリの政治家を選びます」っていう仕事をしてくれる人が欲しいです。
11-20 23:09

いつもどおりのような気もするが。
11-20 22:55

まるで男子中学生みたいな脳の状態に。
11-20 22:55

こんな事ばっかし頭に浮かぶって、俺自身に、いったい何があったんだ?
11-20 22:54

@koenokio 真っ赤な亀頭のトナカイさんは ♪ いつもみんなの笑いモノ ♪ でもその年のクリスマスの日 ♪ サンタのお爺さんが言いました ♪ 「暗い夜道はテカテカの ♪ お前のカメが役に立つのさ」 ♪ いつもヌイてたトナカイさんは ♪ 今夜もヌクからと断りました ♪
11-20 22:52

やっぱり一番の問題は、『げげげのきたろう』というリズムの良さに比べて、『むけむけのきとーろー』というのはだいぶゴロが悪い、という点だろう。
11-20 22:43

見た目はツルッパゲでもろ亀頭の形。なんか加藤礼次郎先生の『男根童子』みたいだけど。「目玉の親父」じゃなくて「精子の親父」が乗っかってて。「父さん! すごい妖気です!」って、鬼太郎の場合は髪の毛がピピピッと立つんだけど、亀頭郎だと汁がピピピッと飛以下略。
11-20 22:41

 
[ 2012/11/21 03:43 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/19のツイートまとめ 

okaikki

『クレアおばさんの大霊界2 死んだらおどろいた!』 #クレアおばさんのをつけるとアットホームな感じになる
11-19 23:05

『クレアおばさんのナチス女囚収容所・悪魔の生体実験』 #クレアおばさんのをつけるとアットホームな感じになる
11-19 23:02

『クレアおばさんの東一局五十二本場』 #クレアおばさんのをつけるとアットホームな感じになる
11-19 22:45

「いいぜ……てめえが何でもアットホームな感じに出来るってなら、まずはそのふざけたクレアおばさんの幻想をぶち殺す!」 #クレアおばさんのをつけるとアットホームな感じになる
11-19 22:42

『クレアおばさんの隣の家の少女』 http://t.co/gLv0Nw5b #クレアおばさんのをつけるとアットホームな感じになる
11-19 22:38

『クレアおばさんのカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ』 #クレアおばさんのをつけるとアットホームな感じになる
11-19 22:35

ふうん、オードリー・ヘップバーンの方の『シャレード』 http://t.co/HaW2s4Iy って、パブリックドメインなんだ? Wikiによると、作品中に著作権表記がなかったせい……それ、うっかりミスなのでは……うへえ。
11-19 22:31

まあ「贅沢な二時間サスペンスドラマ」でしたな。どうせリメイクとしていじくり回すなら、いっそ男女を入れ替えた方が、最近の風潮には会ってたかもね。
11-19 22:18

そんな感じで、脚本の無理矢理ぐあいがしょっちゅう引っかかって、どうにもすっきりしない映画だった。ラブシーンいらねえよとか、若妻に迫る犯罪集団がどうにもチンピラっぽくて怖くないとか、政府のエージェントが仕事中にイチャイチャすんなとか、結局そのキャラ意味なかったんかいとか。
11-19 22:13

まあ、それが危険だって事すら分からないような、まるっきり世間知らずのお嬢様だっていうならともかく、リゾートビーチで男を逆ナンするような世間擦れした、経験豊富な女なら、その夜はどっかホテルに泊まるなり、警察に保護を求めるなりするのが、自然な流れだ。
11-19 22:06

 
[ 2012/11/20 03:42 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/17のツイートまとめ 

okaikki

「お題でネタツイートをする際には検索をして被ってないかチェックする」という自分ルールをうっかり忘れてしまった。もう寝たほうがよさそうだ。
11-17 23:46

『赤ちゃんをつくろう!』 #SEGAのゲーム名を組み合わせて面白そうなゲーム名にしろ
11-17 23:42

『マイケル・ジャクソン 放課後ライブ!』 #SEGAのゲーム名を組み合わせて面白そうなゲーム名にしろ
11-17 23:39

『あつまれ! ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド』 #SEGAのゲーム名を組み合わせて面白そうなゲーム名にしろ
11-17 23:34

2000年の日本公開映画 - Wikipedia http://t.co/IHMr1jWN 2000年ってけっこう当たり年だったんだなあ……このリスト眺めてるだけでもなんだかわくわくしてくるわ。
11-17 23:16

しかし、そんなキャラ最優先といっても、お話は分かりやすいし、映像は飽きさせないし、疲れた精神をゆるく揉みほぐしてくれるあたりは、充分に出来の良い作品だよなあ。
11-17 23:02

ルーシー・リューはさすが「殺っちまいナー!」の人である。もう、「どんなに不自然だろうが、わざとらしくなろうが知った事か! とにかくドSキャラなんや! 徹底してやるんや!」なんて具合である。ソレが気持よくってたまらん。
11-17 22:55

ストーリーもアクションもキャラクターも、なんというか、コレといって書く事はない。しかし何と言っても、旬の美人女優三人に、可能な限りコスプレと萌シチュをさせるという、もうその一点に特化してる思い切りの良さは素晴らしいのだった。
11-17 22:50

今日観たBRは『チャーリーズ・エンジェル』 http://t.co/rXTek8vP 別にチャーリー繋がりではなく。『セント・オブ・ウーマン』が感動作だということだったので、もう一本は何も考えずに観られるモノを、というわけで。全く期待通りの作品でありました。
11-17 22:45

「チャーリー! 今歌わないと、お前はオレゴンでチリ・ドッグを売るオヤジになるぞ。そして、誰もが死ぬ間際に聴くという、自分の声、それは『いらっしゃいませー』『またどうぞー』だ」もう名台詞しかないですよ? 台本欲しいなあ。そしてパクリたいなあ。原作本あるのかしら。
11-17 22:33

 
[ 2012/11/18 03:42 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/15のツイートまとめ 

okaikki

そりゃあ俺は馬鹿だけどさ、コンビニでボジョレー・ヌーボー買うほどの馬鹿じゃないぞ。
11-15 00:06

 
[ 2012/11/16 03:49 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/14のツイートまとめ 

okaikki

小柳 裕 Yutaka KOYANAGI http://t.co/WJ5twx3P 青い部屋を出ると、陽の光はもとにもどって、ひとつづきの和室に、小柳裕氏の作品が置かれていた。生活の中の見慣れた小物を、正直に描いた、そんな感じで、ああ油絵だ、自分の知っている美術だと、ほっと安心。
11-14 23:57

しかしなんだろう、インスタレーションってのはなんでもありなのか。芸術と言うよりも、テーマパークのアトラクションみたいだなあ。
11-14 23:48

ひょっとして、寝室につながったバスルームの洗面台に、どっさりと投げ込まれていた、百合の花の強烈な匂いが、そんな幻覚を見せていたのかもしれないけれど。
11-14 23:46

二階には主の書斎と寝室があって、そこでは窓に青いフィルムをつけるという演出をしていた。ブルーに染められた部屋は、まるで月明かりの夜のようだった。部屋のあちらこちらに、実際に使われていたトランクなどをあしらって、目に見えない住人の息遣いは、ますます濃く、足音やらが聞こえそうなほど。
11-14 23:44

傍らに、無造作に置かれた、水草に遊ぶ魚の絵のついた茶碗も、良い感じだった。こういうのも生活感というんだろうか? 今にも、この家の住人が出迎えてくれそうな、もしくは、たった今まで奥様とその友人が賑やかに語らっていたような、そんな空気だ。
11-14 23:40

何千年前だかの、掌に乗るような土器の、首をかしげたようなトボけた佇まいから、ふと目を上げれは、すうっと活けられているかのように、日に焼けてかすれたような、あるいは影か残り香のような、薄い茶色の、百合の花の姿が有るのだ。
11-14 23:36

しかし圧巻は、そのサンルームと続になってる和室。小さな床の間なんぞもある茶室といった風なのだけど、その床に置かれているのが、小さなヒョウタンのような弥生式土器。コロンとしたその薄手の、ポカンと開いた口の上に、藤井達吉の百合の花の墨絵がフワリと掛けられているのだ。
11-14 23:30

サンルームに、古びた金属のテーブルセットと、洒落たクラシックなグラスのセットを置いてみたり。タイル貼りの古風なサンルームにピッタリの小道具を、よくまあ見つけてきたものだと、妙なトコに感心してしまった。
11-14 23:25

作品集(画像)|木藤純子|&ART?京都で活躍するアーティストと社会をつなぐ http://t.co/TRLqqDuZ 木藤純子さんはこんな感じ。今回の本多邸では部屋の空間をまるごと演出することで作品としている。インスタレーションというの? よくわかんないんだけど。
11-14 23:23

いかにも芸術、なんて作品に触れた時の感動とは、ちょっと違う喜び。美術館ではありえない感覚が、なんとも心地良いというか、楽しくて、本当に嬉しくなってしまった。綺麗な花が活けられているとか、真新しい手編みのレースのセンタークロスを見るような、そんな感じに近いかも。
11-14 23:13

 
[ 2012/11/15 03:48 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/13のツイートまとめ 

okaikki

英語圏に暮らす、濃いヲタが見れば、脂っこさも充分というわけだ。まあ、ヲタじゃなければそんな脂っ気、むしろ胸焼けするだけなので、非ヲタにはあっさり風味で楽しめる。そんな仕掛けの作品なのだ。
11-13 22:13

サクサク進んでるように見えて、実は細かく作りこんであるっていうのは、たいしたもんです。むしろ、ちょっと整いすぎかも。なんとなく物足りない、もっとアクが強くてもいいよなあ、なんて思った。しかし、そのあたりはたぶん、ヲタネタやらパロやら英語のダジャレやらが担ってるんだろう。
11-13 22:09

ヲタ同士の間でも微妙にすれ違いがあったり、一方では原理主義者の娘だったヒロインが一気にタガが外れたり、他にも色々と、キャラの心理の変化にも、けっこう繊細な描写があって、ソレにいちいちポールが絡んでるトコが、また憎いというか粋というか。
11-13 22:04

宇宙人とヲタはすぐに打ち解けたのに、キリスト教原理主義者の親父やら、秘密エージェントやら、南部の赤っ首連中やらには、銃ぶっ放されたり殴られたり脅されたり、散々だもんなあ。
11-13 21:59

だいたい、SFの小説家とイラストレーターのペアが、宇宙人と会うのでは、文化のギャップも何もありゃしない。似たような世界の住人なのだ。文化のギャップというのはむしろ、ヲタペア&ポールの三人組と、ソレ以外のアメリカ中西部の社会、という側に、強烈に存在している。それが実に皮肉である。
11-13 21:57

まあ、「このお話って、ひょっとしたら宇宙人じゃなくてもよくね?」っていうのは、すごく感じたわけなんだけど、しかし考えてみれば、『アンクル・トムの小屋』以来、逃亡幇助モノっていうのは、デカいジャンルとして存在しているのだった。
11-13 21:51

ポールを基地から逃したのは誰なのかとか、ポールを追うエージェントの背後にいるボスの正体はとか、何も教えられずにこき使われる下っ端エージェントが、どうやって任務の内容を知ったかとか、ポールが帰る前にどうしてもしなければならなかった事は何かとか、色々と小技も効いている。上手いよなあ。
11-13 21:39

超能力でアタマの中身を伝えたり、消えたり、ケガを治したりといった、まあお約束のネタもあって、さらにそれかお約束のストーリー展開に繋がるあたり、やるだろうな、と思ったことを、ちゃんとやってくれる安心感というか、信頼を裏切らないのがとっても素敵。
11-13 21:32

とにかく瞬きするたびにギャグが入るので、テンポがやたらよくって、アメリカ中西部をキャンピングカーで走り抜けるので、どんどん流れる風景もまた楽しい。冒頭からしてコミコンである。ヲタネタ満載。半分もわかんなかったけど、それでも、入れ方が上手いので、置いてけぼりにされた感じはしない。
11-13 21:28

ヒロインがアメリカのキリスト教原理主義者だとか、MIBみたいに追ってくるエージェントもなんかおかしい。そういえば主役のヲタコンビ、『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『ホット・ファズ』の人か。イギリス人によるアメリカ人描写の容赦無さ、というのもあるかしら。ホンマええ性格してますなあ。
11-13 21:26

 
[ 2012/11/14 03:48 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/12のツイートまとめ 

okaikki

しかし、色々と考え始めれば、考えたくなる事が多すぎて、自分一人では手に負えないなあ。もっと他の人の感想が聞きたい。原発問題が盛んに議論される今日この頃、今こそ、もっとたくさんの人に見てもらって、心にとめてもらいたい、そんな作品なのだった。
11-12 23:52

話をやたらに広げるのは有耶無耶になる第一歩。
11-12 23:48

ただ原発問題にとどまる話でもない。巨大な力に頼る、そのために犠牲になる者たちがいる、それを利用してアコギな真似をする連中がいる。いろんな場所で見かける構造。
11-12 23:46

敦賀の田舎の風景が、海も空も緑も、昔風の農家だって、そりゃあもう美しく撮られている。それも観光地風ではない。バーバラ姐さんの、まるで里帰りしたような行動や言葉もあって、人の生活の臭いがたっぷりと満ちた、生き生きとした感じ。そこに巨大な、白い骨壷みたいな原発がドーンとあるのだ。
11-12 23:39

例の、原発ジプシーの死体が、黄色いドラム缶にコンクリ詰めにされて、ヘリコプターでどっかへ持っていかれるという、あの話。自分もその噂を聞いていたので、死んだことにして、恋人に身内と偽ってもらって、電力会社の社員が来る前に、強引に葬式をしてもらって、このとおり……
11-12 23:33

泉谷しげるが棺桶から這い出してくるシーンは、コミカルなんだけど、その理由が語られだすと、ソレが薄ら寒い恐ろしさに。汚染区域で事故があってケガをした。死んだ奴もいた。別の仲間に、防護服の破れ目にタワシを突っ込んで、傷口をゴシゴシと洗ってもらった。みんなどこかへ連れて行かれた。
11-12 23:30

昔の資料映像で観るような、一昔もふた昔も前の防護服は、ハイテクの臭いがしなくって、ゴムなんだかビニールなんだか、マスクだってブリキのようだ。まあ、このへんは映画の小道具だからなのかもしれないけど。
11-12 23:26

原子炉施設内部の、黒い闇に白い湿気の重苦しい映像もたまらない。ガムテープで、変な色の手袋だの足袋だのを、まじないのように巻きつけるとか、警報機の音にパニックになるとか、硫黄のように毒々しい黄色い鉄の太いパイプの、なんともいえないいやらしさ。
11-12 23:25

原発作業員の描写もまた壮絶で。赤茶けた薄暗い飲み屋のボックス席で、顔を突き合わせて何やってるかといえば、ビール瓶をボーボーと吹いている。放射能の毒をたくさん浴びると音が悪くなるんだ、とかいいながら、自分と他の男の音を、真剣な顔で聴き比べている。
11-12 23:20

ドサ廻りの描写が、バブルの前の「あの頃」の温泉宿のダッサいというかコッテコテな俗っぽさというか、ペラいステージに安っぽい衣装に拗ねたようなバンドマンに、脂っぽい化粧品と女の汗のねっとりした空気の楽屋に、じゃぱゆきさんの集団の訳の分からない早口の声が満ちてるあたりとか、たまらんな。
11-12 23:18

 
[ 2012/11/13 03:45 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/11のツイートまとめ 

okaikki

畜生! そんなことなあ、イイ歳コイた野郎がひとりで観たんだから、解るわけねえだろうが! (突然興奮する喪男)
11-11 17:08

しかし気になるのは、コレってカップル向けなのかしら。だって最終的には、最初に結ばれるはずだった相手とは違う相手に……あれ? 永遠に変わらない真実の愛、って言うセリフと微妙に矛盾するような……? そのへんどうなのかしら。
11-11 17:06

まあ、いちばん可愛いのはリスなんだけど。あと、女王様にコキ使われるデブの現実世界への適応力の強さというか、まるっきり行動が変わらないあたり、パシリはどんな世界に行ってもパシリって、すんごく説得力があるわ。下っ端の普遍性、侮りがたし。
11-11 17:03

しかし、この二人が、実はとてもいい人というか、もう一方のヒーローとヒロイン、ということになるんだろうなあ。そのあたりも、直接は描写されてないけれど、そこに素敵なストーリーがあるように感じられる。このあたりのお話の造り、上手いよなあ。
11-11 16:59

現実世界の方では、バリバリのキャリアウーマンなナンシーさんが、王子様に対応するキャラクターということになるのかな。ジゼルに敵意をいだいても仕方ないね。
11-11 16:56

ジゼルも序盤の方で、離婚交渉中の夫婦に、お伽話の世界の理屈を押し付けがましく説いたりして、結構ウザい。そのウザさの頂点が王子様である。マジでウザい。
11-11 16:55

お伽話というのは、人間みんなにあるはずの、ネガティブな部分の存在を認めないという「市民、幸福は義務です」的な、ヒドいところがあるけど、ジゼルが怒りという感情を覚えるあたりで、ソレを示唆してるのかな。
11-11 16:52

まあ、実際にそうなんだろうなあ。
11-11 16:48

とはいえすっごく面白い映画ではあるんです。何と言っても、NYの住人たちが、良い人ばっかりというか、ノリが良すぎ。というか、この映画のスタッフの「NYって街はね、おとぎの国に負けないくらい素敵なところなんだよ!」っていう、愛情を感じるというか。
11-11 16:48

歌で周囲を洗脳したり、小動物を使役したり、周囲の人間の良心を活性化したりする、ヒロイン補正と特殊能力はそのまんまなので、ズルいっちゃあズルい。そもそも美人だし。天然なところチョット我慢すれば、性格も悪くないし。
11-11 16:45

 
[ 2012/11/12 03:45 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/10のツイートまとめ 

okaikki

泳ぐやる夫シアター グルメ系 やる夫で学ぶ恐るべきさぬきうどん http://t.co/QH613YCH 饂飩より蕎麦派なんだが、美味いのなら何でも好きだもんね、讃岐うどん食い倒れツアー行きたいなあ。行きたいなあ。かきあげ!
11-10 23:14

一度でいいからうどん県にうどん食い倒れ旅行というのをやってみたい。そういえば、こないだ見てきた猪熊弦一郎展がずっごく良かったんだけど、MIMOCA (丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 http://t.co/w53dcKeM )もうどん県にあるんだよな。行きたいなあ。
11-10 23:09

それにしても、うどん県のアイデンティティとして、うどん屋の描写はアレでよかったのかしら。製麺所が店になってるのはいいとして、ひやかけ? 既に具が乗ってる? うどんを残す?
11-10 23:05

でもそうすると今度はラブストーリーに脱線していってしまいかねない。ギリギリのトコでグッと踏みとどまる事が出来れば、良いエピソードになるだろうけど。何と言っても、説教する役が署長ひとりしかいないんじゃあ、テーマをセリフで喋っちゃう部分が、あからさまになりすぎちゃってて。
11-10 22:47

元仮面ライダーの、イケメンすぎるうどん屋の兄貴も良かったが、出番が少なくてなあ。主人公が悩むトコで、訪ねていって相談するとか、そういうシーン欲しかった。どうせこんだけフィクション作りこんでるんだったらソコまでやっちゃっても良いだろうに。
11-10 22:45

新菜ちゃんがずいぶん良かったなあ。クッソ生意気な田舎のガキだというのに、もう可愛くてなあい。お兄ちゃんも悪くなかった。料理が趣味のショタとか俺得すぎる。
11-10 22:44

番場署長のキャラが濃すぎてなあ。定番だし、たいそう良いキャラではあるんだが、実話っぽさという点には、いささか欠けると言わざるを得ない。コメディや、いっそアニメなら良かったんだろうけど。
11-10 22:37

DVD『きな子~見習い警察犬の物語~』 http://t.co/om7beWmv 観終わった。面白かったけど、人間側のお話がメインで、犬はあんまり主人公っぽくなかったなあ。というか、色々とお話つくりすぎ? いや、出来は悪くないんだけど、事実だからこそ、っていうのは薄い。
11-10 22:22

 
[ 2012/11/11 03:46 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/09のツイートまとめ 

okaikki

監督が『画家と庭師とカンパーニュ』 http://t.co/Wh0eNgnB と同じ人だと今知った。そういえば色身とか構図とか色々似てる。他にも撮ってるのかしら。ちょっと調べてみようっと。
11-09 22:54

エヴァはブルーレイで観よう。
11-09 22:51

しかしこういう人生は憧れるよなあ。フランス映画の中にしかないんだろうけど。寂しいことである。
11-09 22:47

お話も良いんだけど、何と言っても絵が奇麗でなあ。フランスの田舎町のバザーの様子やら、森や沼のほとりの光るような緑や黄色とか、リトンやガリスが暮らす掘っ立て小屋も、貧乏臭いのにやたらと居心地がよさそうなんだよなあ。着古した服みたいに、肌に馴染みそうな壁の色あいがなんとも。
11-09 22:45

語り手はリトンの娘のクリクリ、当時は四歳だか五歳だか。初恋の相手はペペの孫のピエロだなんて言うけれど、ガリスもやっぱり憧れの相手だったんじゃなかろうか。父親以外の大人の男性で、何でもできて頼れる存在。よく偉人の伝記などで、子供の頃、近所の兄貴に色々と教わった、みたいなネタ。
11-09 22:41

アメデが通う老婦人も、やたらとチャーミングなのに、過去は色々とありそうだなあとか。帽子とワインをやたら貯めこんでた旦那は、どんな人だったんだろう。リトンやガリスを大はしゃぎでもてなす様子が、一人ぼっちの時間の彼女の孤独さを、痛いほどに感じさせるんだよなあ。
11-09 22:35

リトンの奥さんはいっつも文句ばっかり言ってるんだけど、それでも色々と面倒見るあたり、ガリスと同じで、本当は文句をいいながら面倒を観るのが好きなんだよね、とか。帽子を買って帰ってきたあたり、一瞬のカットなのに、映画に出てこないところで長いエピソードがあったんだろうなあ、とか。
11-09 22:31

と言いつつ蛇足が許されるならば、もちろんメインの四人組、リトン、ガリス、アメデ、ペペの魅力はもちろんなんだけど、脇役も実によろしい、というあたり。機関車の運転士や、奔放なメイドさんや、チャンピオンや、リトンの奥さんや、みんな主人公にして映画が作れるレベルである。
11-09 22:26

今さら俺の書くことないよねっていうのはいつものことだけど。良い映画なので、俺の変な戯言よりもマトモなレビューでその魅力を知ってほしいという、それくらいの良い映画だったのだ。
11-09 22:20

というか、検索したら、こちら→ポコアポコヤ 映画倉庫 「クリクリのいた夏」ガリス~~! http://t.co/YAgy5BwZ とか、こちら→ Jack&Bettyの映画評+ クリクリのいた夏 http://t.co/iDbVp6kb とか、秀逸なレビューが既にあったりして。
11-09 22:18

 
[ 2012/11/10 03:45 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/08のツイートまとめ 

okaikki

こりゃいいモノを見たなあ。スパイク・ジョーンズ監督の他の映画も観てみよう。そういえば、出演作の『スリー・キングス』は観た記憶があるなあ。アレもなんか変な映画だった。
11-08 23:59

グレイグやレスター社長、そして何と言ってもマルコヴィッチの、男のダメなトコとかアホなトコとか卑怯なトコとか、そういうのをジワジワと描くのも最高である。最終的なオチが、笑ゥせぇるすまん的なのも大好物である。
11-08 23:58

マキシーン女史の、やり手でセクシーで悪女っぽいのに、実はロッティさんへの思いが純粋で少女みたいだったりするのがたまんない。あとエミリーちゃんがクッソ可愛ええ。俺もエミリーちゃんの中に入りたい。二百ドルと言わず五百でも千でも出すぞ。
11-08 23:52

おさるが一番まともな性格、というのも大笑い。巻き込まれたマルコビッチさんは、ひたすら災難である。シュールな映画というと、ギリアム監督とか思い浮かぶんだけど、イギリス系の、あの冷たく突き放したトコが無くって、もっとウェットで、生活感というか人臭いというか、優しい感じがする。
11-08 23:49

ひたすら得体のしれないモノをぶつけられつづけて、いろんな胸の内というか、腹の中とかが、ドロドロとむき出しになっていく、その経過がとんでもなくサスペンスである。それにしても七と二分の一階とか、よう思いつくよなあ。
11-08 23:43

別の人間になりたいという願望を、穴に入るっていう、思いっきり直接的な表現にしてしまった男気が最高である。道路脇に投げ出されるのも爆笑モノ。このへんの理屈なんぞは分らんでもええんじゃ、という、実に説得力のある表現。
11-08 23:41

人形師と動物狂という、現実的な人間社会から全力疾走で逃避してるような、珍妙なカップルに、現実世界のバリバリのキャリアウーマンが絡んで、一方で虚構の極みのような役者という人生を歩むマルコヴィッチがいて、確かに、コレで物語が廻らないわけがない、というか、面白くならないわけがない。
11-08 23:38

まず何と言っても人形劇がすげえ。人間にしか見えないのに、確かに人形じゃなきゃ無理、という表現。コレはコレで、別の機会にじっくり鑑賞したいところ。しかしアヴェロエスとエロイーズの物語は、そりゃあ街角で子供に見せるもんじゃねえでしょうよ。
11-08 23:35

BR『マルコヴィッチの穴』 http://t.co/Hqudo2Mr 観終わった。公開当時はずいぶん話題になっていたが、確かにそれだけのことはある。わけわからんのに、なんか解るっていう、不思議な感覚。なぜこんなおっさんって、最初は思ったけど、なるほど、こりゃあ彼じゃなきゃダメだ。
11-08 23:33

 
[ 2012/11/09 03:47 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/07のツイートまとめ 

okaikki

徳川家康 #鍋の日らしいので1人1品地元の名産を持ち寄って豪華鍋TLにする
11-07 20:51

八丁味噌 #鍋の日らしいので1人1品地元の名産を持ち寄って豪華鍋TLにする
11-07 20:51

脱肛ハーブって怖いな
11-07 20:46

.@roro_yameroTPP さんの「経済学の知識なしで日本と世界の経済を簡単に理解できる話」をお気に入りにしました。 http://t.co/Wekem2bD
11-07 20:12

 
[ 2012/11/08 04:01 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/06のツイートまとめ 

okaikki

マウスを使って、簡単に習字が書ける「手書き風毛筆ツール」公開中!http://t.co/5aOXgVGl #郵便年賀 http://t.co/mSsiZgc9
11-06 23:27

スーパーいっき #ビデオゲームタイトルの頭にスーパーを付けるとスーファミゲーっぽくなる
11-06 22:38

スーパー四十八(仮) #ビデオゲームタイトルの頭にスーパーを付けるとスーファミゲーっぽくなる
11-06 22:32

ニコニコ町会議in名古屋・栄~本社出張祭~|niconico #chokaigitour http://t.co/YBs34ZvF コレ遊びに行こうかな。しかし白川公園は会場じゃないのか。名古屋で有名なニコ動スポットって、まずアソコが思い浮かぶんだけど。
11-06 22:18

そもそも「買ったり読んだりしたけれど、考えてたのと違った」なんてのは、当たり前にあることだよねえ。そんな経験を何度も繰り返して、ようやく自分好みの本を引き当てるカンってのが生まれてくるんだもん。 http://t.co/SCc8jEZf
11-06 22:07

となると……学ぶべきは、ジャンプとかよりも、サンリオ……? http://t.co/hvvuHqVU
11-06 21:59

.@yas_kawamura さんの「キャラクターを生み出すメソッド」をお気に入りにしました。 http://t.co/MSq55G29
11-06 21:57

となると、このコメント欄では、作品から離れても魅力的であり続けるキャラクターとはどのようなものか、という事を考えるのが適切なのかしら。そういえば、このごろのムーブメントとして、地域おこしのゆるキャラと.. http://t.co/ZyFtwkF5
11-06 21:56

「キャラクターに魅力がなければ商業的な成功は難しい」というところから話題が始まっているのだから、「キャラクターはなぜ商業的な成功につながりやすいか」という事を考えるべきなのかな? キャラクターというの.. http://t.co/hQIOnw87
11-06 21:49

ツンデレとかお嬢様なんていうのは、そも、他者にどのように対するか、他者からどのように扱われているか。そういう、キャラクターの相関関係から出てくるモノなので、個々のキャラの特徴とは別モノだと思ってた。他.. http://t.co/ByuVwGQZ
11-06 21:43

 
[ 2012/11/07 04:07 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/05のツイートまとめ 

okaikki

もう一人、何と言っても魅力的なキャラは、ロールスである。出番は少ないけど、ナイト2000ばりの素敵な相棒ぶり。ジリジリ動き出しちゃうお茶目さもいいけれど、コイツが居てくれて良かった、という良いシーンが。タダのアクセサリじゃないんだぞ、って扱いは、本家でもなかなか無いのだった。
11-05 22:23

最終的に敵になる相手が、普通にエリートのエージェントだから、アクが無いのだった。そのかわり、おばあちゃんの殺し屋がスンゴくカッコイイ。どこにでも居るような掃除のおばちゃんが、掃除機スナイパーライフルやら、ゴルフバッグガトリングガンとかをクールに操るのである。素晴らしすぎる。
11-05 22:13

爆走車椅子とか、せっかくヘリに乗ったのに道がわからないので道路を走るとか、ジョニーの右手と左手が戦うとか、色々とギャグは入ってるんだけど、無くても別に困らない。というか、アトキンソン氏が渋くって、イイ男すぎるっていうか、困ったことに、シリアスなシーンの方が魅力的という。
11-05 22:09

しかし前作では、「王冠をパクってボクが王様になるんだー」とかいうアホな敵で、何もかもが荒唐無稽だったのに、今回は組織内の暗殺集団が敵、狙われるのは中国の首相、英国情報部は東芝に買収されてたりとか、シリアスというかシニカルになっちゃって、別にMr.ビーンである必然性がないというか。
11-05 22:05

BR『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』 http://t.co/DMvXPQR4 観終わった。前作が古き良きスパイなら、今回は新世代のエージェント。電子機器マシマシ。ジョニーもチベット修行で渋さマシマシ。相棒がPCヲタの黒人とか、精神分析がどうこうとか、色々今風である。
11-05 22:02

 
[ 2012/11/06 03:43 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/04のツイートまとめ 

okaikki

せっかく美術館に行ったのだから、感想を呟きたいと思うのだが、作品の画像のリンクを貼れないのが、なかなかにもどかしい。その美術館の収蔵品じゃないとなれば、行って見ろとも言えぬしなあ。
11-04 23:39

でもどの展覧会も実に良い展示であった。OKAZAKIのARTフェスも含めて。本田邸の展示はマジ良いのでいくべき。いのくまさんも行くべき。終わったけど。
11-04 23:35

名鉄漬けというか、地方交付金漬けという気がしないでもない。公共文化施設の利用はどんどんやるべき。税金の元を取るべき。
11-04 23:33

碧南市藤井達吉現代美術館 | 企画展 岡本太郎展 http://t.co/lC6uGnmt そしてコレに行くという、美術館のハシゴである。昨日からアート漬け。ちょっと気持ちのよい二連休であった。
11-04 23:31

開催中の展覧会| 展覧会のご案内 | 高浜市やきものの里 かわら美術館 http://t.co/S1KAeHs7 それからコレに行って、
11-04 23:28

展覧会 猪熊弦一郎展『いのくまさん』 http://t.co/ZdN8OaVo 今日はコレに行って、
11-04 23:26

岡崎アート&ジャズ2012 http://t.co/frSWWnIz 昨日はコレにお出かけ。ジヤズは未見だけどアートは、まちなか展示を除いて全て廻ってきました。スタンプラリー完走。感想はまたボチボチと。
11-04 23:23

.@azukiglg さんの「【敵将に恥を掻かせれば勝ち?】 AとBの論争の勝敗を決めるCについて 【罵倒すれば勝ち?】」をお気に入りにしました。 http://t.co/KL0z1ihP
11-04 23:04

それにしても眼がでかかったなあ。もう一歩で怖くなるギリギリの凄いバランス感覚。エンドロールの背景のイラストの絵柄もよかったな。なんか古き良きカートゥーンの雰囲気があって。もちろん、3Dキャラにも、ちゃんとそういうテイストがあって。上手いよなあホント。
11-04 21:32

しかしこういう真っ当な傑作というのは、タイトル+感想で検索すると、もう既に語り尽くされていて、今さら俺が付け足すことがないので感想文を書くのに困る。貧乳萌えとか、細っこい脚がたまらんとか、そういう語りならいくらでも出来ますけど、そうなるともう映画の感想じゃなくなっちゃうし。
11-04 21:28

 
[ 2012/11/05 03:47 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/03のツイートまとめ 

okaikki

.@azukiglg さんの「【宗教勧誘】 オウム真理教の勧誘スタイルに見るシンパの増やし方 【政治的主張】」をお気に入りにしました。 http://t.co/4McdOBQa
11-03 23:43

.@abovecrane さんの「序列武闘派層」をお気に入りにしました。 http://t.co/5N2xAPuC
11-03 23:43

ダッチワイフ(ふくらます式のやつ)と、DDTプロレスリング所属のヨシヒコ選手( http://t.co/FjLyAlQr ) #素人目には分からない
11-03 23:12

真紀子大臣、思い付きで3大学不認可 http://t.co/AgfUQ7Iz @nikkansportscomさんから ようするに、好き勝手な事をして、多くの人が右往左往するのを見て、「私って、なんて偉いんでしょう!」ってうっとりするタイプのゲスなんだよね。
11-03 23:01

航空自衛隊 RF-4EJ http://t.co/LWRxZYec (ひこうき写真館様) この写真のように、飛行機の機首に顔が描かれる事があるが、これは鳥を驚かして近づけないことで、バードストライクを防ぐためである……というガセネタを思いついたので、誰か騙されてくれませんか。
11-03 22:13

『リンカーン秘密の書』ってどんな映画なのか気になってたが、あれか、『帝都物語』みたいな実在人物おおあばれ系なのか。米国に祟りを為す「ジェロニモの首塚」とか出てくるのかしら。
11-03 21:58

ブラックとピカソ。でも『文字が描き込んであればブラック』って知っていれば、余裕で見分けられます。 #素人目には分からない File:Georges Braque.jpg - Wikipedia http://t.co/5IuWWHfi しかし顔まで似てるんだよなあ。
11-03 21:53

刈谷市美術館 http://t.co/wPQjAFla → 碧南市藤井達吉現代美術館 http://t.co/HhMKieQm って周ろうかな。朝早く起きられたらな。東浦はちょっと遠い……海のそばの街の小さな資料館ってだけでも、一度は行きたい場所だけど。
11-03 21:46

.@sked_st さんの「ピアプロが使われなくなっていく?」をお気に入りにしました。 http://t.co/XwDYa7rX
11-03 21:18

.@bluecat33 さんの「ボカロ絵の使用に関して」をお気に入りにしました。 http://t.co/BJzHQYzA
11-03 20:32

 
[ 2012/11/04 03:44 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/02のツイートまとめ 

okaikki

土日の休み使ってこたつ出そうかな。
11-02 23:02

エンディングの作画がいちばん良いってのはどうなの #ルパン http://t.co/rxmvniDY #ntv
11-02 22:50

ごえごえ…… #ルパン http://t.co/rxmvniDY #ntv
11-02 22:42

メガネ娘が小さくなった?! #ルパン http://t.co/rxmvniDY #ntv
11-02 22:38

今のうちに「大変なものを盗んできました。貴重な二時間です」といっておく #ルパン http://t.co/rxmvniDY #ntv
11-02 22:35

今回のスタッフ、ホントにルパンの顔、この表情しか描けないんだな…… #ルパン http://t.co/rxmvniDY #ntv
11-02 22:27

勝手にマルコとフビライの財産にされて奥州藤原氏涙目 #ルパン http://t.co/rxmvniDY #ntv
11-02 22:23

この脚本がオッケーだっつうなら、もう押井に作らせてもいいと思うの。 #ルパン http://t.co/rxmvniDY #ntv
11-02 22:20

INPOじゃないわ #ルパン http://t.co/rxmvniDY #ntv
11-02 22:19

おじいちゃんの声は永井一郎( Wikipedia http://t.co/oLwZm23y ) #ルパン http://t.co/rxmvniDY #ntv
11-02 22:16

 
[ 2012/11/03 03:44 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

11/01のツイートまとめ 

okaikki

ただまあ、Mr.ビーンは喋らないから、ローワン・アトキンソンの喋りのギャグ、というのがどういうものか。そのあたり、解るヒトには解る新発見や楽しみが、この映画にはあるんだろうなあ。ソレ考えると、ちょっと悔しい。
11-01 23:57

あと、英語のダジャレや有名なセリフのもじり、訛りや語尾でくすぐる系統のギャグが、たぶん、すっごくたくさん入ってるはず。だから、英語が分かって、英語圏の文化や知識があれば……というのは、外国のコメディはみんなそうだけど。まあ、吹き替えでも色々工夫してて、充分楽しめたので良し。
11-01 23:55

スパイ映画の良いパロディの重要な条件、「ちゃんとスパイ映画としても成立している」という部分はしっかり押さえて、かつ必要なギミックやシチュエーションもあらかたこなしている。自分がもっとスパイ映画いっぱい見ていたら、三倍くらい面白かったかも。
11-01 23:51

ジョニー・イングリッシュも面白かったけど、数こなそうっていうんなら、もう少し絞り込んだほうがいいのかなあ、という微妙なラインかも。しかし、数こなすよりも楽しいかどうかだもんね。観て良かったと思う作品ではあるし。
11-01 23:49

レンタル予約リストが二百六十件に……月八枚の定額プランだから観終わるのは三年後か……いや日にちが経つほど数が増えていくのだが……マジで消化しようと思ったら、ほとんど旧作で借り放題なのを利用して、ダブルの契約にしてぶん回すしか……
11-01 23:46

@TEC_Arrowhead カウフマンという名前、調べたら、色々と濃い俳優さんの名前が多くて、監督もよほどの曲者のように思われます。早速ツタヤのリストを更新しました。『マルコヴィッチの穴』、観たらまた感想をツイートしますので、よろしければご笑覧ください。
11-01 23:41

何と言っても、ラストに悪役が馬脚を現して破滅する原因が、「ビーン的なアレにブチキレて銃乱射」なのである。観てる方も、前半で「ビーン的なアレ」に結構イラッとさせられていたので、もう説得力ありまくりである。こういう伏線の貼り方もあるのか! と目鱗ボロボロである。違うかしら。
11-01 23:31

それはそれで、アトキンソンである必然性が失われたようで、ちょっと寂しかったりするのだけど、そんな前半と後半の様々なイメージが、クライマックス、戴冠式のドタバタで一気に片付くのが、素晴らしいカタルシスでありました。
11-01 23:25

しかし後半の、敵の本拠地にウンコまみれになって潜入してからは、ヒドイ目に合わされるのはみんな悪役の手下だし、ジョニー本人がいちばんヒドイ目に会ってたり、ボケもなくなって、サクサク任務を遂行するので、なんか別のキャラみたい。
11-01 23:23

前半の、誰が黒幕でなぜ王冠を狙っているのか、などを捜査するあたりは、無実の一般人に迷惑かけまくる、いつものビーン氏のようなアレで、時折マジでイラッと来るようなスケッチもちょくちょくあったり。お葬式のヒトたち可哀想。
11-01 23:21

 
[ 2012/11/02 03:43 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)

10/31のツイートまとめ 

okaikki

なんだかとりとめがなくなってきたので、十四%の水溶液 http://t.co/wVyFeJAS 飲んで寝よう。
10-31 23:47

いかに卑近なレベルに持ってくるかがキモ、というのは、やはり大衆向けというか、エクスプロイテーションというか、ダブロイド的な感性なのかなあ。妖精が出たとか言い出すヒトですから。ドイル先生って、オカルトやSFの娯楽作品の創作者の草分けでもあるんだよなあ。
10-31 23:39

ホームズの関わる政治的陰謀だとか言っても、それこそ『ボヘミアの醜聞』みたいに、浮気の写真が残ってて王様が困っちゃってどうしよう、みたいな感じに、天下国家の大事件とか言いつつ情けない男の性みたいなトコに落としちゃうのがキモっていう。
10-31 23:35

大規模な相手でも『五つのオレンジ種』の盗賊団とかのレベル。子供の頃読んだせいかもしれないけど、ホームズに出てくる悪者ってのは、子供にでも理解できるような連中で、オカルト秘密結社の政治的陰謀による大規模テロとか、ソレちょっとホームズの仕事じゃないのでは、なんて思っちゃうんだよな。
10-31 23:30

あと、ちょっと気になったのは、シャーロック・ホームズって、あんまり大規模な連続殺人事件とか、政治結社の陰謀みたいなのには関わらないようなイメージだったので、そこんとこがアレレ、って感じだった。
10-31 23:23

最近見た、『スキャナー・ダークリー』や『シャギー・ドッグ』にも出てたんだなあ。気づかなかった。
10-31 23:19

しかしまあ、何に見えるという話をすれば、何と言ってもスターク社長に見えちゃうのは、これはもうどうしようもない。好きだけど。そういえば『トロピック・サンダー』も大好きなんだよなあ。意識はしてなかったけど、俺ってロバート・ダウニーJrと相性良いのかしら?
10-31 23:14

それでもなんか、ホームズとワトソンというよりも、御手洗潔と石岡和己みたいな感じだ。石岡くんこんなに強くないけど、変人に振り回されてウンザリしてる常識人ポジション。まあワトソンもそうなんだけど、原作ワトソンはもっとホームズに心酔してるもんなあ。
10-31 23:03

ていうか別にホームズじゃなくても良かったんじゃ、とか言わない。犬とか萌えロリとかにするよりは原作に近い。というかむしろ、BBCホームズよりこっちの方が原作に近いのかも? ゴミだらけの部屋で銃ぶっ放したり薬物煮たりする奴なんだから、あんな奇麗な格好のはずないもんねえ。
10-31 22:58

タールでベトベトしてるようなロンドンの街がなんとも素晴らしいのだった。切り裂きジャックとかドジソン先生とか夏目金之助とかスピードワゴンとかジョジョとかが居る、あのイメージ。目を閉じて映画のシーンを思い出すと、荒木飛呂彦先生の絵柄になってしまう。そんなレベルの再現度。
10-31 22:52

 
[ 2012/11/01 03:44 ] Twitter LOG | TB(0) | CM(0)